--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-12

ジェフ時代の江尻の印象

本当はジェフの試合を見て書くべきだが、現在時間がなく未だ見れていない。

ミラーOUT→江尻IN

この噂を聞き、監督交代を機に見るのを再開しようとも考えたが、私の暇と
サッカー界は(当たり前だが)連動しないものだ。
まあ、(どうしても見たい!)と思わせる魅力がないから、という思いもあるのだが・・・。

さて、今に興味がなければ過去を懐かしむのは私の癖で、むしろ
もうひとつの”サッカー思い出ブログ”の更新ペースの方が
上回り始めた(といってもたいした数ではないが)。
そこに江尻について少し書いたが、ジェフの
江尻にというのは(サポーターには怒られそうだが)あまり印象にない。
「そうえば、ジェフだったか。あの黄色いユニフォームを着ていたかな」
とおぼろげな記憶が残るばかりだ。

なにしろ

古河電工⇒ジェフユナイテッド市原

と名前を変えられた時、あの独自の水色ストライプが妙に明るい黄色いありふれた(失礼)
ユニフォームに代わり、いっきにその伝統が消えてしまったように思えたからだ。
古河電工は私のような読売ヤンチャ軍団大好き(アッ、言っちゃったね)にとっては憎き
日本リーグ丸の内御三家の伝統派閥だったけれど、日本人だけで高いチーム力を
築き、伝統が良い意味で花開いたチームだった。
そういえば古河の代表的な選手に永井良和というウィンガーがいたが、もう一方の
ブログでも書いたようにウィングというポジションが死滅してしまっていた時代、黄色
のユニフォームをまとった江尻は”Jリーグブームの中入団した一人の良い選手”
であって、高校時代ほど鮮烈な印象はやはり残してくれてはいない。
それもあって
清水=江尻
となっても
ジェフ=江尻?
とはなりにくい。
ただしジェフサポーターは初めから江尻のコーチ就任などに好意的だったようだから、
地域密着の中でしっかりと愛された選手であり、それにいろんな思いが加わって
監督就任に期待、となったのだろう。
さて、いい加減な観戦者の私も、何とか時間を割いて見るのを再開したいと思います。

<PR>
サッカーの記憶―語り継がれる伝説

スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。