--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-26

赤いフィルタを通して感じる不安

外出先のテレビに、BSが入っていた。
ちょうどJリーグが始まる。
これを見てしまうと考えていた店での夕食がダメになるため迷ったが、
浦和レッズ-サンフレッチェ広島のカードとわかり意中の店での夕食は諦めることにした。
夜遅くに探せば、どこか新しい店と出会えるかもしれない。

浦和レッズの調子が、すこぶる悪いらしい。
一方サンフレッチェ広島は、過ぎし日々のジェフ某を彷彿とさせるサッカーを展開中と聞く。
まあ、あの破壊力を常時出せるわけではないらしいが、数少ない日本サッカー界の楽しみ
ではある。

連敗街道を邁進しているという浦和レッズ。
フィンケ就任の時の加熱気味の報道とは、えらい違いだ。
大分トリニータのシャムスカと言い、結果が明確で最終的にはそれで判断されるしかない
サッカー監督とは、何と残酷な職業だろうか。

(浦和レッズが闘志を出し、連敗を止めるだろう。広島のような良いチームに伍した時、
こうした状況では勝利を収めやすい)

私の愚にもつかない予想をあざ笑うように、前半のうちに広島は二得点。
噂のダイナミックさは目立たなかったが、試合をコントロールする術を身につけチーム
としてはさらなる高みに行きつつあるか。

重いビハインドを負ったレッズは、負傷の闘莉王を後半から投入。
「怪我でセンターバックは無理だが、点を取るために投入した」

フィンケ監督のこうした内容のコメントを聞いて、ゾッとした。
そして前線に良いパスを供給する、飛び出す闘莉王の姿を、複雑な思いで見つめ
続けた。

(日本の最高クラスの選手が揃っているのに、誰も闘莉王一人に叶わないじゃないか---)
実らなかったものの、レッズの反撃の狼煙、唯一の得点を決めたのも闘莉王自身だった。

DFから攻撃のセンスも見せ、激しい気性でプレーでもハートでもチームを鼓舞する。
この姿に帰化選手の大先輩、ラモスの姿が重なる。

けれども大きく違うのは、その周りにいる日本人選手だ。
ラモスが若く激しかった時代、けれども決して一人だけ大きく目立つ存在にはならなかった。
チームには”ミスター読売”と呼ばれたジョージ与那城がいたからだ。
戸塚、都並のポテンシャルは日本人として非凡であった。それはプレーだけでなく、自己主張
も含めてだからラモスにも遠慮なく口出しできたのだが。
加藤久、小見といったベテランもまた、ラモスの暴走を顕在化させない存在だった。

やがて日本サッカーがブームの大波に乗りラモスが日本代表でもチームの中心となっても、
必ずしも絶対権力者のイメージはない。カズ、三浦知良といった選手のプレーやプロ意識は、
それと同等以上に輝いていたからだ。

===============================

浦和レッズサポーターの皆さんがいま気を揉むのはチームの成績だろう。
けれども私にしてみれば、日本最大のスターたちがたった一人の選手がいるだけで
”主役とその他大勢”となる光景を目にして、そこに恐怖や不安を感じずにはいられない。

<PR>


スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。