--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-15

それが問題だ

ずっと見続けている番組に、朝日放送の『探偵ナイトスクープ』がある。
学生の時に一人旅をしていて、急に寂しさがこみ上げてきて以来だから、
もう二十年近くにもなる。
数年前から東京に出てきたが、(何か生活に足りない・・・)と思っていたら、
関西で染み付いた笑いだった。久しぶりに関西に戻って、金曜日の夜に
テレビでナイトスクープが放送されていて、無事にそれを思い出すことができた。

そんなナイトスクープで先日、

「自分の親戚にはJリーグでも活躍した、サッカーの凄い選手がいる。けれども
サッカーをやり始めた小学生の二人の息子たちには(冴えないオッチャン)と
しか思われておらず、いくら説明してもわかってもらえない。
何とか彼の凄さを、子どもたちに伝えてもらえないか」


という依頼があった。
(誰だろうなー)
と見ていたが、その元選手の名前を聞いて驚いた。
”礒貝洋光”。
もちろん私の世代にとっては、とんでもないスーパースターである。

依頼は無事解決、すなわち磯貝の凄さを子どもたちは理解したが、
ふと私は考えた。
(もしこれを言葉だけで説明しなければいけないなら、「今の選手であれば
○○みたいな人だったんだよ」となるだろう。しかし、磯貝に比肩する選手
というと一体誰だろうか?)

子どもたちはそれぞれ遠藤、播戸が好きだと言う。
しかし遠藤さえも磯貝の才能やスケールに比べれば大きく見劣りする。
全体の知名度で言えば中村俊輔、となるのかもしれないが、才能を支える
努力が見え隠れする俊輔は、どうもイメージが重ならない。
小野伸二は一番イメージに近いのかもしれないが、もはや過去の選手に
なってしまっている感もある伸二の名前を出しても、小学生は「それ、誰?」
となってしまいそうな気もする。
サンフレッチェの柏木だろうか? まだ及ばない。ガンバ大阪の宇佐美?
サッカーファンすべての話題をさらうほどでもないだろう。
もちろんこれらの選手たちの実績、チームへの明確な貢献度は磯貝の足跡
を上回っているのは確かなのだが・・・。

結局、”突出した才能””奔放なスケール感”。
そうした点で、現在の選手の中で例えるべき選手がいない。
「日本のサッカーは面白くない」「Jリーグはもう終わった」
こんな声が聞こえる理由を何となく感じた依頼だった。

<PR>
サッカーという名の戦争―日本代表、外交交渉の裏舞台

スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。