--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-05

私のマラドーナ監督

U-17ワールドカップに出場していた日本代表チームは三戦全敗で日程を終えたが、
テレビ中継を見ていたら「池内監督が~」と言っているから調べてみた。
するとやっぱり、池内豊さんだった。

池内さんは'85年のメキシコワールドカップアジア地区予選を戦った日本代表のメンバー。
すなわち、私が最も敬愛した日本代表の一人である。
ただし、いくらあの時代の代表選手だったからといえ、正当に評価しないのはフェアでない。
それはこのブログで散々批判めいたことを書かせてもらっているA代表監督の岡田武史さんも、
あの頃のメンバーだったのだからわかってもらえると思う。

ただし、今回池内さんのことをとやかく言おうとは思わない。
それは気持ち的に批判しにくい、というよりもマスコミが持ち上げたいわゆる”プラチナ世代”
が本当にそれだけのポテンシャルを持っていたのか、年代別の代表監督にどれだけ指導力
を求められ実際どんな指導をしていたのか、まったくわからないからだ。

思えば私にとっての”黄金の日本代表メンバー”も、監督としての肩書で聞こえてくることが
多くなった。
いくら監督としての実績、能力は現役時代の思い出とは別にして評価したいと思ってみても、
正直心苦しい時もある。
池内さんや岡田さんはレギュラーではなかったので実は思い入れも若干は目減りするが、
加藤久さん、都並さんなどバリバリの中心選手で特に好きだった選手が指揮をとる姿や
結果を目にする時は、いささか辛い時もある。

========================

さて、南米アルゼンチンではあのディエゴ・マラドーナが代表監督の座についているという
ことで、国民も声を大にして批判しづらいとかそうでないとか、様々な話が伝わってくる。

日本にはマラドーナみたいな存在はいないから、誰が監督になっても批判精神は
持ち続け~などと高を括っていたら、一人だけそんな存在がいた。
幸いなことにその人は未だ監督経験がない。以前(鳥栖の監督就任)などの
報があったが、流れたようで胸を撫で下ろした。
正直(たまの解説以外に、何をやってるんだろう?)と思う時もあったが、葛藤を生むぐらい
なら話題に上らないでくれた方がよっぽど良い。願わくば、昔のセルジオ越後のように生臭い
トップの世界とは一線を画し少年たちの育成をやってくれたら、などが望ましい姿だろうか。

と、こんなネタを数日前から書こうと考えていて、実際に書き始めたら、

”横浜マリノスの新監督に、木村和司氏の就任が決定的”

だって。
私にとっての、日本のマラドーナ。
もしもの時にだって、和司さんの批判なんて、できないっすよ・・・。

<PR>
黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年
スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

サッカー情報、大好きでいつもいろいろ拝見させてもらってます。
古いサッカー選手も好きでこんなツールもお勧めです!↓
http://www.units-pb.com/parts/

お役に立てる情報か分かりませんが、世界のサッカーってやっぱり面白いと思う今日この頃です!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。