--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-03

奇跡の可能性

キリンチャレンジカップ2010
日本代表-ベネズエラ代表

オフ明け、コンディション不良の二月の試合。
キリンチャレンジカップがしがない親善試合に過ぎないことは、
もはや常識(日本サッカーをながく応援いただいているキリンさん
には、申し訳ないのですが)。
しかも(大分の方にも申し訳ないのだが)地方の試合となると、
選手もいささか熱がない。
サッカー選手には、(めたにない首都圏以外の試合。良いゲーム
を見せてやろう)というプロ魂はどうも希薄のようだ。

そんな訳で、予想を上回りも下回りもせずの光景。
しいて言えばベネズエラ代表がなかなかの好チームだったことが意外。
これで二軍以下、しかも遠いアジアに遠征しての試合だという
のだから、恐れ入る。

日本チームはほんの少し良いパス回しと、高い個人技を時折見せる。
それもそのはず、中盤はほぼ”黄金世代”。
いまだにこの選手たちがトップを張り続けていることに、嬉しさ
よりも近い将来への不安が募る。
トップは”動と静”という言葉を忘れたか? いやそもそも要求
さえされてないのだろう。ディフエンスはこのレベル相手にまでは
鉄壁を誇るが、本番レベルの相手になると粗が出るのは証明済み。
「若い選手のテストもできた」
と岡田武史監督は胸を張ったが、センターバックの交代は相変わらず
無しで、無得点の中でここを代え、逆に黒星を喫して叩かれるのは
嫌だったのだろう。
つまりはレギュラークラスのバックアップはこのポジション
には皆無ということだ。

もっともそれは、中盤から前も同じ。
冒頭で書き忘れたものの、国内組のみのチームということも
つまらないゲームになる確率が高くなる大きな要素。
中村俊輔、長谷部誠あたりが入れば全然違うチームになる。

もうワールドカップまで半年もない。
このチームは、ごく少数の選手たちの大きな影響下にあるチーム。
奇跡が起こればベスト4にも入れる。それがサッカー。
FW、中盤・・・果たして、今いる中心選手のレベルを大きく超える
とんでもない選手が、これから数カ月で彗星のごとく現れる可能性と、
ワールドカップベスト4入り。
どちらの奇跡が起こる可能性が、高いのだろうか。


スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。