--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-07

結果なんてどうでもいいから

東アジア選手権
日本代表-中国代表

「わたしがお客さんを呼ぶために人気のある選手を使うとかそういうことではなく」
「お客さんのことに関しては、そこまで背負い切れない」

岡田武史はインテリ風の生き方を目指すような男。現役時代のプレーに関する評価も
(知的なプレーが持ち味)と言うから、現状を正しく認識していないわけでは
ないだろう。

=======================================

”人気がある選手”というのが誰をさすのか、首を傾げる。
小笠原満男のことだろうか?
なるほどマスコミは小笠原が代表入りしたただの、なぜ使わなかったのかだのと騒いでいるが、
小笠原がどれだけ人気選手と言えるのだろうか?
鹿島アントラーズのサポーターも「使えよ」とは思っていても、集客力がある全国区
のスターだとは思っていないはずだ。

”客のことまで背負いきれない”は監督の仕事の範疇として賛否が分かれる言葉だが、
私は明確に”NO”とする。
岡田監督が現役を過ごした時代はアマチュア気質のJSL時代だが、今は全員がプロ。
(お客が離れれば、食いっぱぐれる・・・)
と背筋を寒くする選手たちも少なくはないだろう。
勝てなかったことに対する悔しさにこんな恐怖が加わるのは、その道で飯を食う人間
たちの極めて真っ当な感情だ。

冒頭の言葉に私が腹を立てているのは
(どうせファンなんてスターが見たいだけだろう。何でも勝てば騒げるんだろ)
そんな思いが透けて見えるからだが、それだけでもない。
(ウソもつき通せば・・・)。
自分をインテリだと思っている岡田武史は、十分承知している。
サッカーファンの不満がスター選手がいないことではないことを。
そして日本代表に、何を求めているかということも・・・。

=========================================

遠藤が
「もっとクリアボールを拾ってとか、しっかりパスをつないでとかだけではなくて、
一か八かのボールを裏に出して、岡崎が泥臭くボールを拾ってとかが、ゲームの中では必要」
と口にしたところ、
「それは岡田監督のコンセプトと違うのではないか?」
などと取材者が口にしたそうだ。

小笠原の件しかり、いまだに「なぜカズを外したのか・・・」と聞くインタビュアーしかり。
なるほどメディアは十年以上経っても進歩の跡がない。
けれどもファンはどうだ。
世界各国のリーグが生中継で見れるデジタル化、Twitterなどひとりひとりがレポーター、
評論家となれるネットなど環境の進化はどうだ。
”しょうがないから”サッカーを担当している連中より、ファンははるかに真剣。
だからこそ、裏切られた時のショックは大きくそれがガラガラのスタンド、低迷する視聴率
となってくる。

「もう本大会まで時間がないんだから、仕方がない」
その意見に、私もほぼ傾いていた(いや、諦めていたと言った方が正しい)。
けれども、昨晩の試合を見て、考えた。
(岡田武史には即刻監督を辞めてもらいたい。
監督なんか誰でも良いじゃないか。規定に沿うよう名ばかりの存在でも連れて行って、
選手が自分たちの戦いやすいよう試合をすれば良い。
日本のような主張のない国では、選手だけでまとまるのは難しいだろう。ましてや今
のチームにはリーダーもいない。試合は大敗が続くかもしれない。
でもファンを馬鹿にしている代表監督なんかが率いるチームより、ずっとマシじゃないか----)。

<PR>



スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。