--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-18

ただ、辛くなるだけ

今年のJリーグは、浦和レッズを開幕から二戦続けて観戦
(今年もほぼテレビです)。

開幕戦で王者(鹿島アントラーズ)にアウェーで完敗。
今年はどうなることか・・・と思っていたが、ホームでの
二戦目は上位争いをしそうなFC東京に勝利。
薄氷を踏むような勝利だったものの、結果が出たことは
何より。

ただ、安定とは言えず、完成にも程遠く。
昨シーズン、このブログに
”(レッズは)この先サポーターが
我慢出来なければ終わりです。”
というコメントを頂いたのを思い出す。
あのコメントをくれた方は、今どんな思いだろうか。
昨年の序盤戦に可能性も見せたフィンケのサッカー
だったが、大きく失速。

今年は闘莉王(トゥーリオ)を放出して、大きく改革に
着手した。
ワシントン⇒オジェク⇒闘莉王。
監督、選手と交互の選択。次は順番からいけば監督が去る番
となるが、果たして結果でこの悪循環を断ち切る事が
できるのか?

================================

阿部勇樹のスタメンに、軽く違和感。
シーズンオフは代表選ばかり見ていたため、チームでも
すっかりベンチ要員となっているよう錯覚していた。
ただし、浦和に行ってからは年々プレーの質が悪くなって
しまっているような気はする。
ワールドカップ出場の可能性も低い、かつてのように海外
移籍を期待できるようなポテンシャルも感じられない、
かと言って二部(J2)のジェフに戻ってプレーするには
惜しい・・・ポジションと同じで、ピタリとはまらず、
帯に短し。

気になる選手、鈴木啓太は試合をしめる役割でやっと登場。
南アフリカで運動量抜群の泥臭いプレーヤーの活躍は、
天才というカテゴリに入らない若い選手たちに大きな
希望と手本になるのではないか・・・と考えていたが、
こちらも檜舞台には立てそうもない。

レッズの将来像もフィンケのチームづくりも、スポットで
しか見ていないのでハッキリとはわからないが、こうした
期待していた選手たちが半ば枯れたような状態になって
いるのを見るのは、なかなか辛い。


スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。