--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-25

やっぱり、こんなんが好き

イビチャ・オシムが去り、引き継いだアマルはやはり
力不足(大目に見れば突然の不幸、と言おうか)で
チーム力は後退。
まったく毛色の違うアレックス・ミラーが就任し、
ふた昔前ぐらいのイングランドのサッカーに変貌
するも応援していたチームの行く末が気になり
見続けていた。
けれども奇跡のJ1残留も、翌年はさすがに甘くはなく
ずるずる黒星を重ね、ついには「オシム流」の
復活として江尻篤彦監督に交代。

もっとも私自身はオシム-江尻という感覚はほとんど
なく、また江尻監督にジェフのOBというイメージもあまりない。
江尻は高校サッカー選手権を制した清水商業のキャプテン
という姿が最も深く心に焼き付いている、やはり私は
オールド・ファンだ。

と、誰でもが知っているような近年のジェフの変遷を
長々と書いてきたが、ミラー監督が二年目も頑なに
オールドファッションのサッカーを貫き、江尻監督
もうまくいかずにJ2へ降格した時、緊張の糸が切れて
しまい、ジェフの試合を見なくなった。
まあ一応、この間の北九州との試合などは見てましたが、
そこにはいろんな意味で”現実の現在(いま)”が
ありましたね・・・・。

=================================

さて、そんな訳で今期はJ1のどこを中心に見ていこうか
と迷いながら開幕。日本代表や日本サッカー協会にも
嫌気がさしてきていた事から、いっそのことイングランド
のプレミアリーグに鞍替えしようかとも考えたが、こちらは
諸般の事情で放送が見れなくなりあえなく頓挫(○○テレビ、
ひどいよ~)。

実はこの頃、清水エスパルスの試合選ぶことが多い。
(好調だからなあ~)
なんておっしゃるなかれ。
理由はそこではなく、
”小野伸二”
のせいだ。

”走らない選手”

の代名詞のように言われる小野だが、やっぱりそのテクニック
と視野の広さは素晴らしい。
正直に言えばスルーパス一本。
ただそれだけで、冷めてきていた私のサッカー熱もいくらか
戻ってくる。

まあ、何だかんだ言っても私はこんな選手が好きなのだ。
ゾーンプレスという新たな革新をもたらした'80年代後半の
ACミラン。
Jリーグにトータルフットボールに似た衝撃をもたらした
オシムのジェフ。
こんな刺激がまた現れてくれないと、やっぱり私は中盤の
テクニシャンにトキメキ続けてしまう。

スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。