--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-23

メディアサプライズ

ワールドカップ南アフリカ大会が目前に迫り、
日本代表も発表されたのに、自分の中では一向に
盛り上がらない。

仰々しく出陣式が行われたりテレビで特集が
組まれたりして予想通りに持ち上げられては
いるものの、世間の関心もそう高まっている
感じではない。

そんな中でGKの川口能活が”サプライズ選出”
として取り上げられ、スポーツニュースなど
でも次々にインタビューをされていた。
個人的には矢野貴章の選出の方がよっぽど
驚きだったが、このアルビレックス新潟の
FWは、マスコミ的には”おいしくない”
存在なのだろう。

日韓大会では中山雅史に秋田豊、そして
前回のドイツ大会では巻誠一郎。
眼中にも入っていなかったようなベテラン
や当落線上にいた選手の土壇場での選出に
比べ、川口の代表入りがどれほどの驚きだったか。

結局マスコミは話題をつくらないとメシの種
がない訳だから、今回はその対象として常に
ワールドカップメンバーに選出され続け名前も
知れたGKを選んだ。それだけに過ぎない。

中村俊輔と本田圭祐の共存、あるいは対立もそうで、
役割的にそれほど被っているとは思えないし疲弊
しきったベテランと上り調子の新鋭を、こんな雑音
でまぜくるのは良い事には思えない。
勢いに乗る選手を重用するのは当たり前だし、
短期間の勝負であればベテランの力が必要な
場面も必ず来るからだ。

==============================

数週間のうちに、これらのストーリーを覆す
ようなネタは新たに作れないだろうし起こらない
だろう。

そうなると次に来るのは、負けた時の戦犯”
つくりだ。
おそらく出場機会はない川口はともかく、
既にストーリーの主役となっている二人の
どちらかか、それも負けた時のやり玉
に上げやすいFWか。

スポーツどころではなく自国のリーダーでさえも
こきおろすしかないマスコミ連中はずっと変わらない
だろうから、こんなくだらない話題づくりなどする
必要もないぐらいサッカー人気が落ちるのは、
あながち悪い事ではない気がする。

<PR>
JAPANサッカーに明日はあるか (文春文庫)
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。