--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-24

世界を驚かす椅子

キリンチャレンジカップ2010
日本代表-韓国代表


世界に対してもだが、韓国に対しても不遜だ。

「あいつらができるんだから、オレたちにもできる」

それが岡田武史監督の”ベスト4”論の根拠のひとつだ。

Jリーグが開幕し、ジーコやディアスがやって来た。
レオナルドやドゥンガという、ワールドカップ現役
優勝メンバーが勢ぞろいしていた時期もある。
そんな光景を身近に感じ、また体系的な育成プログラム
で小野伸二や稲本潤一という黄金世代も生み出した。
ワールドユースでは準優勝という結果も出した。

アジアに韓国は君臨していたものの、そのテクニック
は粗いとされ、日本が直接対決で遅れを取ってしまう
のは”体力”と”韓日戦での異常な闘志”だけとされた。

ひと昔前、日本は明らかに韓国サッカーを時代遅れの
集団と見ていた。

ただ韓国は、強く、巧く、鋭い集団になっていた。

「Jリーグでプレーしていた選手です」

そんな紹介が、空しい。
イングランド? ドイツ? ロシア?
今の所属は、どこだと言うのか。

力まかせでない体の使い方を身に付けた韓国の選手の
幾人かは、全盛期の中田英寿が当たりに行っても
止められたかどうか。

早々の得点は出来すぎだとしても、横に後ろにしか
パスを回さない日本からは、前半のうちに得点を
奪っていただろう。

後半のペースダウンは、予定通りか。
まったく役に立たなかった中村俊輔。
自分の存在を見せつけようとする姿がかえって痛々しい、
本田圭祐。
無用に対立を煽られ続ける日本の中心選手たち。
個々の力も日本の選手たちを凌駕しているのに、
チームとしての意志統一も図られているのだから、
手も足も出ない。

もしかしたら韓国は、世界にそれなりの存在感を
見せつけてくれるかもしれない。
もっともアジアの中からそんな驚きを世界に見せる
のは、一チームだけで良い。
ワールドカップでは血を奮い立たせるような新鋭の
チームが、いくつか現れる。
けれどもその椅子は、わずかでしかない。
そんな貴重な椅子に、目も虚ろな監督や選手たちが
例え偶然であっても、座るべきではない。

<PR>
ドーハ組VS南ア組 時空を超えたサッカー日本代表論
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。