--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-31

世界を驚かす要素は”ゼロ”

「良い素材で料理すれば、だいたい美味しいモン
できんねん」

これは昔かよっていたラーメン屋のおっちゃんの言葉。
洋食のコックだったということで、仲良くなってからは

「いい肉が今日はあるから、ピカタ食うか?」

などと普通ラーメン屋にはないメニューを出して
もらっていた頃が、懐かしい。

===================================

日韓戦でほぼ一方的に負けた日本代表は、選手同士で
話し合いの場を設けたらしい。

そして迎えた、対イングランド代表戦。

阿部を中盤の底に入れる、中村俊輔を外す(これは怪我
のためかもしれないが)などと、布陣を変えてきた。

”セットプレーで点を取る。
守りはしっかりと固める”

狙い通りに闘莉王が先制したものの、後半オウンゴールで
逆転を許した。

闘莉王、中澤のオウンゴールを揶揄する声も多いが、馬鹿言え。
あれだけ攻められたら、ミスも出る。

わかった事は”90分間を守り抜くのは、相当キツイ”。

もっともこれは超一流国のイングランド相手だから。
カメルーン、デンマークにはどうか?
けれども、この日のイングランドは所詮、調整試合
ということもあるのだが・・・。

もうひとつわかったのは”セットプレーでは取れるな”
という事。

こんな事は、アジア予選の時から見えてはいた。
オーストラリアのアウェー戦では、したたかな
試合運びで逆転されてしまった。
改善の兆しは、まるで見えなかったその後の日本代表。
けれどもカメルーン、デンマーク、そしてオランダでさえも、
試合運びが格段にうまいかと言うと、それほどでもない感じだ。
うまくハマれば、日本が勝ち点を積み上げていく可能性もある。

いずれにしても、中村俊輔が口にした(これまで積み上げてきたもの
が消えてきている)という言葉は、的を射ている。
アジアの中堅国やキリンカップなどの親善試合で、組織のサッカー
らしきものを見せていた岡田監督(そして大木コーチ)は、
実はまったくそんなものなど作れていなかったことを露呈した。

”守備を固める。
セットプレーで点を取る”

それはワールドカップに出場する中で最も力のない国が
(ただ結果だけを目指して)取り組む、現実的な戦い方。

たとえそんなやり方で勝ち進んでいっても、世界中のサッカー
ファンが日本を歓迎し、記憶に残してくれるものだろうか?

”選手同士で話し合って、自分たちの良さを出し切る”

(日本人選手の力を、世界にアピールできれば)
そんな段階は、とっくに終わっているようにも思える。

イングランド相手に選手個々が力を出し切ってある程度弱者
のサッカーをすれば、結果は昨晩ぐらいのものになる。
加茂時代のイングランド戦、トルシェ時代のスペイン戦など、
こんな戦いはずっと見てきたじゃないか。

”日本、善戦。ワールドカップへ光明”

こんな見出しが白々しくてしょうがない、開幕二週間前だ。

<PR>
オシム勝つ日本



スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。