--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-25

追憶と理想

ワールドカップ2010南アフリカ大会
グループE
日本代表-デンマーク代表


人間というのは面白い。
カメルーン戦の勝利を境に、日本代表チームはぐんぐん自信を
つけていった。
堅過ぎた初戦を見ながら(こんなチームが勝ち進んでいって、
良いのだろうか?)と思ったものだが、デンマーク戦では
”決勝トーナメントで戦っても、いいじゃないか”といった
内容に急速に変貌していた。

デンマークの監督や選手、そしてサポーターは勝利を疑っては
いなかっただろう。
見る者は誰もが、余裕の表情を浮かべていた。
ゴールが奪えずにいた選手たちは、(そのうちとれるだろう)
と高をくくった感じだった。

けれども本田圭祐が”イッてしまった”目で決めたフリーキック。
遠藤保仁がまるでコロコロPKを蹴るように冷静に決めたフリーキック。
この二本の飛び道具で、アッけに取られる大男たちは、ピッチに
立ちながら現実と夢の間をうつろうような表情で、残り時間
さ迷い続けた。

==============================

日本チームの基本スタイルはいわゆる現実路線、”堅守速攻”。
それは選手の闘志と集中力、そして驚くほどの運動量により支えられ、
ヨーロッパの強国の攻撃をほぼ沈黙させた。
いまだ暗闇の中にいたカメルーン戦、実力では数枚上のオランダ戦
ほどではなかったが、(とにかく、大きく蹴っとけ!)とばかりの
クリアも目についた。

それを見ながら、私は遠い日の日本代表の姿がダブッた。
メキシコワールドカップ予選、ソウルオリンピック予選。
二十年以上前の記憶だ。
あの頃アジアの中で”中の下”ぐらいのレベルでしかなかった日本は、
ディフェンスラインからゲームをつくることなどできずに、ただ敵の
脅威を自陣ゴール前から遠ざけていた。

そして今、アジアを勝ち抜く事がなかば常識となった日本は、
世界レベルでこうした戦いをしながら、上のステージに
行く争いをしているのだと感じた。
あの頃はそんな守りに尽力する日本代表を懸命に応援しながら、
どんな形でも良いから勝ち抜くことを願った。
ただひたすら、勝利だけを祈り続けた。
その頃にアジアを勝ち抜いていれば、私は躊躇なく渋谷の交差点
に駆け出したことだろう。

==============================

さて冒頭で、”日本代表は決勝トーナメントで戦うに値する内容を
この試合では見せていた”と書いた。
岡崎のゴールを演出した本田の切り返しなど俊敏さ、器用な個人技
はもちろんだが、自信を取り戻した日本代表の選手のDNAがわずかに
目覚めた”ある場面”に、私は心奪われた。

シュートは相変わらずなのでゴールにはならなかったため、
多くの人は歓喜の中で忘れてしまうシーンだったろう。
けれども後半に何度か見せた”流れるような、小刻みなパスワーク”
こそが、私が最も心躍ったシーンだ。

==============================

1999年のU-20ワールドカップ(ナイジェリア大会)の頃だったと
思うが、私は”日本はアジアのフランスを目指すべき。流れるような
パスワークで相手を翻弄していく、極東のシャンパンサッカー”
などという雑文を書いた。
もちろんブラックパワーを加えて世界チャンピオンになった前年の
フランス代表ではない。プラティニたちを中心とした、'80年代のチームだ。
(ジーコやソクラテスを擁したブラジルの黄金の中盤と形容しなかったのは、
彼らが神話の領域にいる存在だったためで、フランスの中盤とするのは
現実の中での最大級の比喩だ)。

ただし私は、この時にこうも書いた覚えがある。
(たとえ勝てなくても良い。チャンスを確実にモノにできなくても良い。
美しく魅力的なサッカーをするチーム。それが日本。そう世界中の人々に
認識してもらえたら------)

守りを固め少ないチャンス、セットプレーをモノにすることで、日本代表
は世界でも堂々と勝ち抜けるチームとなった。
これだけの地力を持つチームに(勝てなくても良い)などと言う人は、
おそらくほとんどいないだろう。
日本代表の結果が、まったく嬉しくない訳ではないし、選手たちの
頑張りには最大級の賛辞をおくり続ける。
ただ、垣間見たパスサッカーの美しい旋律。それが最も胸躍った
シーンであることには、変わりない。


<PR>

スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

監督の指示がなくても選手から布陣を変えるらしいですから随分と進歩したものです。
つーか それって監督いらないじゃん みたいな

コメントありがとうございます

コメントありがとうございました。

'98年は引率者、って呼んでたんですが、
今度もそんな感じ。
'02や今回のように締めつけられたら
自分たちでやってうまくいく。
'06は自由にやっとけと言われたら
どうして良いかわからない。
難しいですね。
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。