--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-27

優勝予想、もとい優勝希望

グループリーグを見ながら、(優勝はアルゼンチン!)という
予想、もとい希望を強くした。
以前も書いたように個人的にはわりとアルゼンチン好き。
今回は監督が?だったためまったく期待していなかったが、
ピッチ上での奔放な動きを見ていると戦術だ、
チームマネージメントだといったぐちゃぐちゃした事は
どうでもよくなる。

”マラドーナ監督、ごめんなさい”

岡田監督には謝る気もないが、マラドーナには素直に頭を下げる。

アルゼンチンに期待していなかった理由にリケルメがいなかった、
というのもあるが、メッシがドリブルだけでなくチャンスメイク
でも魅せてくれる。
これまであまり興味がわかなかったメッシだが、要注意かも。
それにしてもほとんどアルゼンチンで育ってないはずなのに、
どうしてアルゼンチン人のボールの持ち方、プレーができるのだろう?
ユニフォームのイメージだけではない気がする。

=====================

その他の伝統・強豪国の多くには、正直がっかり。
フランス、イタリアのような名ばかり強豪国はいらない。
またブラジルは想像していたよりずっと退屈。
ドゥンガの現役時代の代表を「今の代表はドゥンガのチーム。
美しさのかけらもない」と批判する記者もブラジルには多く
いたというが、正直それよりも酷い印象。
退屈と言えば、今回のオランダも手堅過ぎ。
それなりに興味深い面子だが、強い相手にはもっと慎重に
臨むんだろうな。

=====================

ということで、私の優勝予想、もとい優勝希望はアルゼンチン!
としたところだが最後の最後に”あの国”がGLを突破したので、
微妙な状況に。
正直、サッカーにおける美しさと儚さは近い関係にあって、
初戦でスイスに黒星を喫し最終で手強いチリ相手となると・・・
と思っていたのだが、見事に不安を消してくれた。
スペインの奏でる美しいパスのハーモニーは、現代のわずかな
希望だ。
南米かヨーロッパか。
アルゼンチンかスペインか。
ダークホースの快挙、退屈な伝統国の戴冠は、正直勘弁して
もらいたいのだが。

<PR>

スポンサーサイト

theme : 2010年FIFAワールドカップサッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

笑う

現時点で監督が誰になろうが、日本の実力はこれまでってのが現実では?
今出来る事をしてベスト16は、たいしたものじゃないですか!快挙ですよ!
元々日本は弱いのに、どんだけ日本サッカーを強いと勘違いしているのか…理解に苦しみますね。

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
たぶんこのエントリーっていうより、
これまで書いてる日本の事とかを
読んで頂いてのコメントですね?
ありがとうございます。

>元々日本は弱いのに、どんだけ
>日本サッカーを強いと勘違いしているのか

おっしゃるように、日本サッカーは
弱いですよね。
いつも書いてる主題は、(個人的には)
結果<理想
ってトコで、それがうまく伝わってない
のは不徳の致すところです。

最近思うのは、一流半以下の国で
理想と結果を両立させてる国なんて
あるんかな?
という事です。
それでいくと、やっぱり私は
我儘なのかもしれません。
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。