--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-28

心は揺れる

2010年 南アフリカワールドカップ
決勝トーナメント一回戦
ドイツ代表-イングランド代表


ズドーン、ズドーン。

何だ、ここは戦場か?
そうだ、間違いない。
もしこんな砲弾が行き交うピッチ内に
迷い込んでしまったら、オロオロして
いるうちに流れ弾に当たって即死だろう。

ベスト16で早くも実現したヨーロッパの
伝統国同士の対戦は、至るところでミドル
シュート並のパスが飛び交う、激しい戦い
になった。

ドイツが早々に二点を取り、早くも勝負あり、
かと思いきや、イングランドの反撃も凄まじい。
一点を返した後に、疑惑の判定が生まれる。

1966年のハーストのゴールを思い立たせる、
微妙な判定。
古びた映像は今でもその真相を隠し続けるが、
現代の鮮明な映像は・・・。

けれどもイングランドの選手たちは長々と
抗議してゲームを止める事も、興奮して試合
を投げることもなかった。
ゴシップや奔放な振る舞いで騒ぎを起こす
イングランドの選手たちだが、やはり根は
ジェントルマンなのだろうか?

試合はドイツが次々と加点して、完勝。
内容的にも勝つべきチームはドイツだった。

けれども、あの疑惑のゴールに捕らわれる事なく
試合を続けたイングランドの選手たちの姿を
思うと、イングランドに勝ってもらいたかった
気もする。
私の心は、わずかな事にさざめく波のように、
たった90分のうちに右に左に揺れ動いた。

<PR>

スポンサーサイト

theme : 2010年FIFAワールドカップサッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。