--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-29

オーガニックなチーム

2010年 南アフリカワールドカップ
決勝トーナメント一回戦
アルゼンチン代表-メキシコ代表

あれだけドイツ代表、イングランド代表を絶賛していたにも
関わらず、心の中ではもう”どっちが勝とうが、さようなら”
をしていた。
次の相手が、アルゼンチンだからだ。

試合の時はまだ決まってはいなかった訳だが、
(まあ、大丈夫だろう)と思っていた。
メキシコは曲者だが、アルゼンチンが負けるとは
考えにくい。
過去の実績でもチームの完成度でもない。選手の質と
”何となく”だ。後者の理由は当然、マラドーナ。
たぶん細かな戦術とかはないはずだが、とにかく
勝つに違いない。

けれども立ち上がりを見ると、やや心配になる。
ドイツのチーム力や勢いに果たして勝てるのか?
いやその前に目の前のメキシコ戦をクリアできる
のか・・・。

しかしながら、それはすぐに杞憂に終わる。
微妙な判定ながら、先制。
得点を加え続け、あっさり勝利。
申し訳ない、メキシコ。
確かに魅力的なサッカーだけど、やっぱり細かな
事は考えていないようなアルゼンチンに上がって
欲しいのよ。

ところで、昨晩はオランダ代表-スロバキア代表
の試合、前半であえなくダウン。
決勝トーナメントはさすがに熱戦続き・・・と
思っていたが、ちょっと期待外れ。
いや、今回のオランダはとにかくおもんない。

タイトル取りたいのはわかるけど、別に他国の
視聴者を喜ばせても何にもならんだろうけど、
しかしなあ・・・。ブラジルもしかり。

まあマラドーナも現役時代の決勝('86メキシコ大会)
の時は手堅くいったけど、そこに行くまでは奔放な
振る舞いを今回の選手たちには見せて欲しい。
オランダはロッペンの切り込みからシュートだけは
見ものだったけど、もういい。何故ならテベスが
いるから。
戦術だのディシプリンだの、もういいや。
純粋なサッカー選手の力で、カップを掲げる姿が
今大会の最後は見たい。

<PR>


スポンサーサイト

theme : 2010年FIFAワールドカップサッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。