--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-03

ブラジル負けろ~

2010年 南アフリカワールドカップ
準々決勝
ブラジル代表-オランダ代表

ブラジル代表を応援したことは、ない。
何故なら”強すぎるチーム”は敵役の方がピッタリくるからだ。

しかも今回は”ドゥンガのチーム”。
一選手としてのドゥンガは嫌いじゃなかったが、ブラジル代表
の一員としてはあまりにも強さと闘志に偏っていて、似つかわしい
とは思わなった。

そんなドゥンガがつくりあげたブラジル代表は、堅実で面白味
の少ないチーム。
しかも次回の開催国はブラジルということで、今回優勝
してしまうと二連覇も確定的(?)。
そんな考えもあったので余計、ブラジル代表を応援する気は
なかった。

けれども試合が始まると、やはりブラジルはブラジル。
華麗さや優雅さはほとんど感じられないものの、超一流のテクニック
とパスワークは健在。
おまけにそれがスピードにのって力強さもあるから、なかなか見ごたえ
がある。先制点も、見事だった。

対するオランダだが、今回はこのヨーロッパの雄も堅実路線。
選手に個性はあるが、突飛な事はしない。
今回ばかりは(ブラジル負けろ~)が、(まあ、ブラジルでしょうが
ないね。決勝でアルゼンチンかスペインの強大な壁となって立ち塞がって、
敗れてくれればそれで良し)なんて考え始めていた。
前半が終わるまでは。

ところが後半に入ると、ブラジルは急激にペースダウン。
オランダもそれほど凄いとは思わなかったけれど、セットプレー
をそつなく決めて、逆転に成功。
前半は今更ながら(こんなトリックプレーがあたのか!)などと
思うスイッチコーナーキック(?)などが余裕でブラジルに阻まれて
しまっていたのが、まるで嘘のよう。

(ブラジル負けろ~)と思いつつ本当に負けてしまうと急に寂しさ
が込み上げてくるのも、毎度のこと。

スタンドでブラジルサポーターのお父さんに抱きかかえられ、涙を
いっぱいに浮かべた男の子の姿がテレビに映し出された。
個人的には負けてくれ、と願わずにはいられない程の強者にも、
幼いサポーターや憧れの眼差しをおくる人たちがたくさんいる。
こういうのを見てしまうと情が沸いてきてしまう私は、やっぱり
甘ったれた人間なんだろうな、と思う。

<PR>
ホントに早いよ!
もうブラジルワールドッカップの特集開始!

スポンサーサイト

theme : 2010年FIFAワールドカップサッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。