--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-07

ピッチの運命

2010年 南アフリカワールドカップ
準決勝
オランダ代表-ウルグアイ代表

ウルグアイ代表は私の積年に疑問に、ひとつの判例を示して
くれたチーム。
それは

(ハンドでシュートを防いで、当然ながら反則をした本人は退場。
PKとなるが、それを防いでそのまま試合を逃げ切って勝てば、
決定機をハンドで防ぐってのもありじゃないの?)

これはそもそも学生時代から抱えていた疑問だから、もうン十年。
判例はガーナに勝利してベスト4に進んだのだから、目前の試合
に関しては”可”。
この日オランダに勝って決勝まで進めば、いよいよそれは”アリ”
となたったのだが、そうはいかなかった。

オランダが後半、勝ち越しのゴール!
今大会のオランダというのは(これはダメだ・・・)と思っていると、
突然目を覚ます。
これには決勝で対戦するドイツ、あるいはスペインは心しておいた方が
良い。まあ、寝たふりなのか本当に寝てるのかはわからないが・・・。

やはり神というのはいるもので、不正は許されないらしい。
さらに加点して、2点をリード。勝利をほぼ手中にし終盤に入ると、
ロッペンを下げる。
私は心の中で(イエローもらっているスナイデルを下げてくれ~)
と願ったが、それはしない。
ここまできて、もう良いだろうと思っていたところで、ウルグアイが
得点!そして猛攻。
ファンマルバイク監督の判断は、正しかったようだ。

もっとも総立ちで奇跡を祈りながら闘うベンチ、そして実際に
ピッチで攻め続けるウルグアイの姿を見ていると、サッカーに
運命をつかさどる神など、いないことがわかった。
神とは闘っている選手たちそのものであって、この日この死闘
を制したのは、わずかの差でオレンジ色の神々の群れだった。

<PR>


スポンサーサイト

theme : 2010年FIFAワールドカップサッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。