--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-12

すべてが、良かった

2010年 南アフリカワールドカップ
決勝
スペイン代表-オランダ代表


これだけ思いが叶ったワールドカップは、いつ以来だろう?
早朝に飛び上がって喜んだ、延長後半11分、イニエスタのゴール。
怖いのはロッペン、スナイデルの個人技だけのオランダが
得点を奪うには、少なすぎる残り時間。

”惜しいところで負けたが、良いチームだった”
というオランダの印象は、今大会においてはない。
もっとも個人個人の力は、素晴らしかった。
だからその選手たちが座り込み、項垂れた試合後のピッチの
光景には、心が痛んだ。

優勝したスペイン。
彼らはこのワールドカップで、すべてを手に入れた。
ファイナルの勝者とは、そういう事だ。
スイス戦での躓きなんて、もう誰も覚えていないのだし。

ボールを持っている時はもちろん、受ける時も逆をつく。
ボールを持っていない所では、もらいやすい位置に動く。
ドイツやイングランドほどの迫力はないが、パスも強い。
こんなサッカーをやれたら、楽しいだろう。
久しぶりに、ボールを蹴りたくなる、ワクワクするプレー
の連続。

守備的な試合、ジャブラニの扱いづらさ、ブブゼラの騒音。
こんなネガティブな要素も、今だけは喜びに溺れて、忘れてしまう。
EUROの覇者が優勝するという、素晴らしいワールドカップ。
惜しむらくはアルゼンチン、ブラジルの南米二強との直接対決を
見たかった、というのは、贅沢な希望だろうか。
今は、サッカーの魅力に酔っていたい。

<PR>


スポンサーサイト

theme : 2010年FIFAワールドカップサッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。