--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-13

いつまで、進化し続けるのか?

『スラムダンク』という有名なバスケット漫画が面白かったのは、
話の中に”リアルさ”があったからだ。
主人公の桜木花道がいる湘北高校が全国の一回戦で当たった大阪
第二代表の豊玉高校は、前監督の北野が辞任し新体制で大会に
のぞんでいた。
北野が学校を去る時の回想シーンが印象的で、表向きの理由は
高齢によるものだったが「全国に出たら毎年出て当たり前、
次は勝って当たり前、その次は・・・(要約:詳細はココで確認
ください)」という風に、際限ない学校や周囲からの要求に
疲れてのものだった。

サッカー日本代表にもこれと同じ雰囲気を感じていて、今は
「アジア予選は突破して当たり前」の段階で、次の大会では
「ワールドカップ本大会のグループリーグ突破は当たり前」
という雰囲気になるだろうか。

(まだ日本のサッカーのレベルは低いんだから、内容がどうこう
よりも結果が出るのが素晴らしい)

この意見には、首を傾げる。
多くの方が”物事は、時間とともに右肩上がりに上昇していく”
という信仰を持っているが、それは真実ではない。
進化論、という言葉さえも、言葉の意味では間違いなのだ。

日本が仮にベスト4になれば、次もベスト4が望まれるだろう。
優勝すれば、その次も優勝を。
(そんなバカな事、思うはずが・・・)
などと笑うなかれ。
セルジオ越後や松木安太郎は、アジアカップで二連覇(しかも
二回目は内容は伴わず)しただけで、「アジアカップで優勝
は当たり前だ」と言い、その尻馬にのる御仁が多いではないか。

ワールドカップ直後のアジアカップ4位はともかく、チーム力
が完成した段階でオーストラリア、韓国に完敗。
過ぎた代表のことは忘れようというならば、ACLでのJリーグ勢は
最近ではベスト16止まりというのが現状。未来に目を向ければ
U-20ワールドカップでは良い成績を納めてはいないし、2009年
は出場権さえ逃している。

決勝に進出したオランダ代表が、酷評されているという。
あのサッカーでは例え優勝しても、”恥ずべき優勝”などと
オランダ国民は素直には喜ばなかったのではないか。
結果がどうであれ、多少の差異はあれ、サッカーが文化として
定着している国では大きなブレが起こる事は少ないように思う。

個人的に日本代表にそれほど良い成績は望んでいない。
せっかく世界のサッカーのお祭りであるワールドカップの時期も、
日本サッカーにだけ関心を示すような国粋主義者ではない。
魅力あるサッカーがそこにあれば満足。自国であれば、
それはなおのこと嬉しい。
だからこそグループリーグ敗退、あるいはベスト16止まりで
あっても、内容のあるサッカーを日本には見せて欲しい。
それが大会前、期間中、そして今も思い続けていることだ。

<PR>

スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。