--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-13

飢えていた

国際親善試合
韓国代表-日本代表


選手たちは飢えていたんだと思う。
ちゃんとした準備をすれば、ワールドカップでも
守り一辺倒でなく、良いサッカーをできたのに。

闘莉王(トゥーリオ)から
「オレたちは下手くそなんだから!」
と言われ、勝つためにあんなサッカーをして
結果は出たものの、それで万々歳となる訳ではない。
人と言うのは、結果がすべてではないものだ。

何だかすべてが新しくなったみたいに言われるが、
真新しい選手と言えば今日の試合では西川、栗原、
前田遼一ぐらい。経験の面ではこれらの選手もあまり
問題はない感じだが、とにかく他の選手たちが”飢えて”
いるところが大きい。

アルゼンチンに勝ったのはご祝儀と言う向きもあるだろうが、
今宵の韓国戦のように”何かタイトルがかかったような”
戦いでこれだけの内容がある試合ができるのだから、
日本の選手の力はやっぱり本物だ。
いくら一緒にやってきた選手がほとんどとはいえ、これだけ
の連動したものがすぐにできるというのにも、称賛に値する。


ところで、スポーツニュースでおそらく野球の解説の方
だと思うが「選手は監督を信じて」とコメントしていた。
違うと思う。
選手は自分たちの力を信じて、これからもやっていくべき
だと思う。
ただザッケローニ監督(ザック監督)はインタビューで
「能力がある」
「まだ伸びる」
が選手たちにはあると繰り返す。

いささか逆説的だが、私はこれらのコメントで(信じられる
監督だ)と思うようになった。
そして今日の韓国戦の後に語った
「自分たちの才能に気付いていない選手、このチームが
もっと良くなることを信じていない選手がいる」
というコメントに、頼もしさも感じる。

これからおそらく世代交代や選手の不調、海外組の移動
問題など山あり谷あり。「アジアカップは優勝だ」
「また無得点」など馬鹿騒ぎのメディアと世論あり。
ただ個人的には、決めたことをやすやすと覆しません。
私は、ザッケローニ監督の日本代表を支持します。

<PR>
サッカー日本代表 2011年 カレンダー

ルーツ探訪日本代表戦士23人の少年時代 (NSK MOOK)
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日韓戦感想:これまでと「ひと味」違う、今後のジャパンをライバルにみせつけた今日の試合の意義は大きい

熱戦に感謝。 非常に面白い試合だった。 これまでになく、それぞれの個性がハーモナイズし有機的につながる日本のパスに、韓国は終始、そうとうにあせっていた。 それは試合終了直後の各チームの表情にくっきりと表れていたように思う。 特に、...

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。