--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-30

日本サッカーは、バブルの後に誕生した

松田直樹、横浜Fマリノス退団

浦和レッズ、フィンケ監督退団

ここにあげたのは個人的に”?”と思った直近の契約、クラブ運営の
ニュースなので、人によっては「それより○○の件が納得がいかない」
など読み変えて頂ければ良いと思います。


松田直樹に関しては先日久しぶりに見て、全盛期ほどの力がないのは明らかだった
ものの、逞しい闘争心は健在で、不振のチームの中で気を吐いていた。
余談だが、ポンテに冷静に見ればマイナスにしかならない突っかかり方をしている
姿も、草食系のJリーグの中にあっては頼もしく、個性が光る数少ない選手。

フィンケ監督に関しては就任直後、このブログに「サポーターが我慢できなかったら、
レッズはもう終わりです」といったコメントをいただいたが、こういう結果になって
しまった。
ただ、サポーターの声が今回の解任にどれだけ影響したのかは、大いに疑問だが・・・。

===============

この時期の日本サッカー界は、途端に暗くなる。
馴染みのある選手、監督、スタッフたちの退団のニュースが飛び交うので
当然だが、その多くに(納得しにくい)ものが混じっている事が暗くする大きな理由。

ベテラン選手は活躍うんぬん以外に年齢面で契約されない事が多いし、監督やスタッフ
の退団に関しても成績を理由に突然、というものが少なくない。
そして共通しているのが、
”クラブからの誠意、感謝の無さ”
”目標、ヴィジョンの達成率、確認の無さ”
といった点だ。

Jリーグはバブル経済の直後に生まれたもので、言うなればそれ以前の日本的な
社会が崩壊した後に立ちあがったプロスポーツだ。
そのせいか、まるで合わせ鏡のように変容した企業や組織の姿と重なる。
すなわちそれは
・社員は家族という組織の否定、崩壊
・リストラは当然
・結果のみが重要
・経営者の責任回避
・消費者重視と言いながら、真のところはあまり顧みられない
(これは企業というより政治に言える事だが)
といったものだ。
サラリーマンと違うので終身雇用など当てはまらない面もあるものの、
バブル崩壊を境にした企業の姿と一致する点が多い。

江尻監督のジェフ千葉退団、今年は夏の巻誠一郎の
退団などでジェフに呆れてしまったものだが、どこのクラブも
似たようなものだ、と実感する。

その国のサッカーは社会を映す、と言われシュートを打たない事や
ドリブル突破を仕掛けない事を国民性とともに語られることが
多いが、プロリーグは組織づくりやあり方など大いに共通する。
温かさの無い組織に、夢など描けるものだろうか。

<PR>
フットボールサミット 第1回

サッカー 最強の戦略・戦術論

スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。