--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-30

踏み違えないこと

アジアカップ 2011
日本代表-オーストラリア代表


長友の美しいクロスから李忠成の見事なボレーで決勝点、
アジアの頂点に立った。

日本代表とオーストラリア代表の試合は、互いが異なるプレースタイル
を駆使しながら且つ、レベルもまずまずの戦いで1点を争う、という
アジアでは珍しい風景。

これこそがオーストラリアがAFCに入った意義なのだが、
「オーストラリアがアジアというのは、おかしい」
という意見をいざ決勝の相手となると口にする人が多いようで、残念。
以前にも書いたが、日本はアジア予選や大陸内の大会でレベルの
高い相手と真剣勝負をできるという事で、そもそもこれを歓迎して
いたのだし、それを顧みずに雰囲気だけに流される風潮を憂う。

李忠成に関してもそうで、ザッケローニ監督は預かり知らぬ事だ
ろうが、もしこの投入が功を奏さず勝利を逃していたら、無用な
バッシングが溢れた事だろう。
その意味でも李忠成が決勝ゴールを叩きこんでのアジアカップ
制覇というのは、想像を遥かに超える大きな驚きだった。

==========================

純粋にサッカーで言えば、藤本から岩政の交代も結果が
出なければ批判の対象になっていただろうが、これも
奏功した。

日本は流れの中での戦術変更への対処はできないだろう

と考えていたから、前回に引き続きザッケローニ監督のミス
となるだろうかと思ったが、これも結果オーライ。
下手をすれば選手との溝もできてしまっただろうが、事無きを得た。

ザック監督はこの公式戦で課題を把握し対処を施していく事が
できるのか? がこのイタリア人監督への本当の評価へとつながる
のだが、これまでの振る舞いを見ると個人的にはこちらの記事
考え方に近く、若干の不安も感じている。

付け加えると、選手の入れ替えについてもそうで、このメンバーが
そのままブラジルワールドカップ予選、本大会で戦うはずがない。
藤本の交代にしても、香川真司の代役として十分に機能していれば
無かったのだから、(特に攻撃面での)スタメン以外の選考、底上げは
早くも危うさが見えた。
今後遠藤保仁あたりは抜ける確率が高い(ないしは今ほどのパフォーマンスは
見せられない)のだから、今を頂点として騒ぐだけの大政翼賛解説者、メディア
に頷いてばかりはいられない。
現在の選手のコメントを聞く限りその意識の高さには敬服するが、それに続かね
ばならない選手たちについては霧の中、だ。

==========================

いずれにしてもがっぷり四つに組んで、南アフリカワールドカップの
チームを継承、今の中心選手たちのピークと言えるオーストラリアを
下した事で、日本の実力は証明された。

加えて日本にしても全く新しい選手はいないのだから、ワールドカップ
のチームを継承、と言っても大きくは外れない。だから、

ワールドカップで勝つには、あの(守り一辺倒の)戦いしか無かった

は間違いであると、もう一度繰り返す。

もちろん大会直前の悲惨な状態から起算すればそれしか無かったとも言えるが、
仕様的には今回と変わらないオーストラリアともアジア予選ではしっかりと
戦っている。
だからチームをつくる過程において
(グループ二位でも良い)
(本大会に出られればOK)
などというチャレンジ精神の無い雰囲気が、ブラジルへ続く道では
起こって欲しくない。

<PR>
欧州サッカー批評 3 (2011 SPECIAL ISSUE (双葉社スーパームック サッカー批評別冊)

これからの「日本サッカー」の話をしよう 旧ユーゴスラビア人指導者からの真摯な提言
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アジアカップ サッカー日本代表 オーストラリアを破り優勝 #daihyo

サッカーアジアカップ。 決勝戦は日本対オーストラリア。 延長戦、ザックジャパンが李忠成のゴールでオーストラリアを破り優勝しました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000504-sa ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

駄文失礼いたします

興味深い読ませていただき、不躾とは思いつつコメントさせていただきます。
日本人選手が欧州では常識的な戦術的交代を(意図は理解できたとしても)上手くグランド上で表現できないのは、韓国戦でも確かにまた浮き彫りになっていましたね。
まあそもそも日本人選手がプロリーグできて10年超経ても慣れ親しまない戦術変更に対応できるサッカー脳を養えなかった民族だから、ジーコ時代の3バックか4バックかの論争も起こった訳で(苦笑)、その意味では(展開しているサッカーの特に攻撃面での意図と意識付けの明確化はジーコとザックで既に差が出てますが)、十数年来の日本そのままだなと韓国戦終わった時点では思ってました。

ただ昨日ザックが取った後半11分の交代策はあれだけ“香川の代役”ってキーワードだけに拘っていた巷の玄人さん達は軒並み意表を突かれた交代で、その上で(試合後のコメントでしっかりザック自身触れてましたが)韓国戦の反省から“日本人は試合中の戦術的システム変更は苦手”と言う事を学び、人の配置を入れ替えてもシステムは維持すると言う手を取ってきた事に、(少なくとも今まで日本に関わった指導者達以上には)日本人への理解が早いのかなと思いました。ウィルシャーを

コメントありがとうございます

ピントリッキョさん、コメントありがとうございます。

日本人選手の戦術実践能力、少なくともW杯からここまで共にやってきたメンバー
だからこそ今回のように大崩れはしなかった、とも考えます。
ですので、

>十数年来の日本そのまま

という意見は、これから選手の入れ替わりがあればより顕著になるかもしれませんね。

>日本人への理解が早い

仰っているようにザックの日本人への理解は早いのかもしれませんね。
Jリーグでも見られるようにここは必ずしも実績通りとはいかない部分なので、
そうだとすると思わぬ拾い物ですね。

またわたしはイタリア時代のザック監督をまったく見ていないので、
日本代表での成果を見て評価するしかありません。
加えて”戦術の時代”となってからのサッカーもほとんど体験は
ありませんので(そういう意味では、わたしの意識はジーコに
一番近いのかもしれません。恥ずかしながら)、こうした試合の流れ、
チーム状態を鑑みての采配という事をできる監督が世界にはたくさんいる
のかな、という憧れもあります。

本当は2006、2010年のW杯でこんな痺れるような駆け引きを見たかった
のですが。

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。