--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-15

歴代最強のチーム

キリンチャレンジカップ2011
日本代表-韓国代表


個人的に最強と考えていた日本代表は、AFCアジアカップ2000 レバノン大会
のチームだった。予選リーグのサウジアラビア戦の4対1を皮切りに、日本
はアジアの代表チームを粉砕していく。その様はまさに、次元の違うチーム。
アジアカップでなく、EUROの出場枠を与えてもらいたいと熱望するほどだった。

けれどもこのチームは、トルシェという型にはめられたサッカーだった。
選手たちはフランス人監督のスタイルを壊さないよう配慮しながら、闘った。
名波は窮屈な中でコンタクトを振るい、中村俊輔は懸命に汗をかいた。
この画一的で日本の選手の能力と勤勉さによって支えられたサッカーが
ずっと続くのかと言うと、やっている選手たちも見ているファンにも
不安はあっただろう。

現在の日本代表は、レバノン大会の代表チームを追い越し最強のチーム。
勝率はもちろんだが、サッカーの中身が良い。小刻みにパスを回し、
見る者の興奮を呼ぶ。
ゴール前での落ち着き、強さ、判断の正確さがあるから、点もとれる。
これが過去の(日本は上手いけど・・・)というチームとの、大きな差だ。

いくら相手が韓国とはいえ、親善試合の結果で持ち上げ過ぎだろうという
意見もあるかもしれないが、このチームは先のアジアカップ2011(カタール)
でも最高の結果を出している。韓国相手に序盤からきれいにパスを回し
チャンスをつくった日本代表だが、このチームにはどんな相手に対しても
良いサッカーをできる自信と実力が漲っている。

長年”日本のスタイルをつくらなければ”と言われ、手を変え品を変え
(つまり監督を変え)てきた日本代表だが、どうやら選手たち自身が
その答えを持っていたようだ。
メディアや御用解説者は変わらず「ザックジャパンが・・・」と監督
を上位に置いた伝え方をするだろうが、ピッチの中では選手が既に
答えを出し、素晴らしいサッカーを披露している。
サッカーは、選手ありきのスポーツ。
それを具現化させている今の日本代表に、不満は無い。



ザックジャパン 「頭脳的サッカー」で強豪は倒せる

ザックJAPAN 3つの選択
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。