--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-10

チャレンジ妨げるポン助

日本代表、阿部を入れたメンバー変更は空回り…

先日のアウェー・ウズベキスタン戦、スポーツ新聞がまたしょーもない記事を書いていると
思ったら、ネタ元は後藤健生のコラムだった。

この見出し(と内容)にイラッときたのは、また(特定の選手への攻撃が始まった)という事。
こういうスケープゴート的なものをすぐにつくりだそうとする意識は、日本人特有のもの
なのだろうか?
阿部勇樹が良かったとは思わないが、チーム全体がしっくりいっていなかった訳だし
特定の選手を矢面に立たせるのは如何なものか?

ただ、わたしが最も憤っているのは次の内容。

今の日本代表はかなり完成度の高いチームではあるが、
たとえばこのウズベキスタン戦のようにアンカータイプの阿部を入れて戦うとか、
3-4-3に切り替えて攻撃的に戦うとかを、試合によって、あるいは試合の途中
でも柔軟に変更できるほどのチームではないのだ。
これから、本大会までの2年半ほどの間にそういう作っていかなければならないだろう。


だからこうした戦い方を実戦の中で経験させようという意図ではないか?
ザッケローニ自身にはチームを育てようという気はあまりないかもしれないから、
アウェーではこういう布陣がベスト、と選択したのかもしれない。日本の選手が
柔軟に対応できなかった事は、予想外だったかもしれない。

だがこうした対応力を磨く気がないのであれば、わざわざ外国から監督を連れて
来る必要はないだろう。日本サッカー協会はより高いレベルに引き上げたいから
違う経験を持つ外国人監督を招聘し続けているのだ(と思う)。
そうでなければ近しいメンタリティの日本人監督で今の選手達は十分結果を出せる。
あるいは(どんな状況だって、勝つんだ)という根っからの王者魂、ジーコみたいな
ブラジル人を監督に据えるべきだろう。

思うに後藤健生のように”日本サッカー冬の時代”を知るサッカーライターにとっては、
(アジア予選を勝ち抜けなかったら、どうすれば良いのか)という恐怖がトラウマのように
あるのではないか? だからアウェーの引き分けで危ない、危ないと騒ぎだす。
無難にいけと言い始める。

けれどもこのアジア予選を逃したら、一体どこで経験を積めというのだろうか?
コンフェデは少しはそうした場になるだろうが、あれはあくまでも開催地での前哨戦。
本大会前に地元の雰囲気を体感できるといった部分の方が、大きい。ヨーロッパや
南米などアウェーへ遠征という手もあるが、これまでを見てもそうした機会はほとんど
得られないだろう。例え二年半の時間があっても、糧となる機会はほとんど無いのだ。
そうなってくるとアジア地区予選は唯一の真剣勝負の場になる。特に今回ウズベキスタンが
見せたスタイルは粗削りながらこれまでのアジアでは味わえないもので、オーストラリア
がAFCに組み込まれたのと同じように好敵手の出現を喜ぶべき。

日本人選手は上手い。チームも一丸になって目標に向かっていける。
その上積みとなる試合の流れの中での対応や臨機応変な戦術対応は実戦、しかも
死線を彷徨うような真剣勝負の中でしか得られないと思う。
暗黒時代のトラウマがある前時代のポン助にはそれを見守る勇気が無い。
チームや選手がチャレンジしようとして少しの躓きが出ると、必ずそれに茶々を入れ始める。
まさにチャレンジを忘れていた事が、ながい日本サッカーの低迷に繋がり進歩を妨げてきた
のだという根本も忘れて。

<PR>
ワールドクラス・トレーニング・バイブル 世界の強豪が取り入れる画期的サッカーの練習法 (トップアスリートKAMIWAZAシリーズ)

J.リーグ プロサッカークラブをつくろう! 7 EURO PLUS
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。