--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-28

さよならスペイン

ロンドンオリンピック サッカー男子
日本代表-スペイン代表


歴史的勝利だとか最大の番狂わせとか言われるが、そこまでの事とは思わない。
この時代に王者として君臨するスペインA代表ならともかく、相手は年齢制限の
あるオリンピック代表なのだから、それと同格に扱うのはおかしい。

実際、試合が開始され初めて見たU-23スペイン代表は大したチームに思えなかった。
このチームがA代表と地続きと言うならば、やはりスペインの時代はEURO2012で終
わったという思いを強くせざるを得ない(試合が終わって調べると、このチームも
年代別の欧州王者であると知って口あんぐりだったのだが)。

もちろんこれは立ち上がりの日本が素晴らしかったという相対的な印象、スペインが
ペースを握れなかったという要因もある。開始早々に前線からボールを追いかけ回す
というアクションも良かったが、驚いたのは次の二点。
ひとつはいきなりダイレクトで大胆なシュートを狙った事。そしてもうひとつは
立ち上がりのハイペースをしばらくするとダウンさせていった事。前者は試合のペース
を自分たちのものに手繰り寄せるチャレンジだし、後者は90分というトータルで試合の
流れをつくる戦術。
これらに日本はもやはサッカーを知らない国では無いことの証明を見る。
「日本代表について? 上手いんだけどね・・・」という時代はもう完全に過去のもの
となっているのだ。

一点をリードして後半は攻撃が雑になったという難はあるが、そこまで完璧な事はでき
ない。それを揚げ足として取るなら、あのスペインの壊れっぷりは何だ。早々に退場者
は出すし、明らかに苛立ってのラフプレーを頻発させていた。

トータルで見るとスペインより弱者である日本は、前線の永井にボールを送って少ない
チャンスを生かすというやり方だった。これを見て、まだ日本が”サッカーを知らない時代”
に学校でボールを蹴っていたわたしはある他校のチームを思い出した。
全国レベルの強豪校よりいくらか力が落ちるそのチームは、トップに足が早く少し名が知れた
選手を置いてそこに向かってボールを蹴る、というやり方で徹底して戦っていた。

こう書けば同じやり方に聞こえるが、印象はまるで違う。ロンドンオリンピックの日本代表
は永井に渡して後は個人任せではなく、それを起点として別のやり方も狙いにいけたし行って
いたからだろう。またゴール前で守って守ってカウンター、ではなく(攻撃をする事が防御に
もなる)という事を知識ではなく体でわかっているという事も十二分に伝わってきたからだ。

2000年代の初期の数年に一時代を築いたスペイン代表チームという一つのチームは、終わりを
遂げた。そしてこの数年で主要選手がJリーグではなくヨーロッパを主戦場にするのが当たり前
になった日本サッカーは、オリンピックでの勝利がトピックスとして扱われるのが腹立たしい
ほど新しい時代に入っている。

<PR>
 
スポンサーサイト

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。