--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-31

1位か2位か、それが問題だ

ロンドンオリンピック サッカー男子
日本代表-モロッコ代表


もしあのシュートが入っていたら、日本はスペインに勝ったどころの
騒ぎではない評価を得ていただろう。
後半34分の山口のシュートは、それだけのインパクトがあった。
あの流れるような攻撃をあのスピードでできる代表チームがどれだけ
あるだろうか。
あのシュートが入らなかった事で(今日は勝てないのではないか)という
不安が過ったものの、永井が抜け出しキッチリと先制。終盤の大ピンチも
体を張って守り早々に予選リーグ突破を決めた。

メディアは永井をスターに仕立て上げようと躍起だが、クリスティアーノ・
ロナウド頼りのポルトガル代表でもあるまい。この日の前半はペースが
掴めず苦労したが、徐々に調子を上げて後半半ばからはこのチームらしい
早い攻めも見られるようになった(繰り返すが、あの山口がゴールまで
迫った動きは特筆もの)。試合の中でペースを取り戻せるところに、
頼もしさを感じる。試合後に吉田が苦笑いしながら「永井がずいぶん
外していたが、やっと決めてくれた」と言ったのもかえってチームの
良いムードを感じさせてくれる。

最終戦の注目は1位通過になるか2位通過になるかだが、そこが問題。
選手の疲労が気になる。永井を中心とする以外の攻めも手に入れておきたい。
これらを考えてホンジュラス戦はメンバーを落して臨むべき、と考えていたが、
やはりブラジルといきなりあたるのは避けたい。
引き分け以上の結果が出せれば問題無いのだが、メンバーを落した際の
力が図りかねる。

スペイン戦について中田英寿が「取れるときに点を取っておくべき」
とコメントしたそうだが、(勝った事が重要)とそれを聞いた時は
嫌な気分になった。けれどももし得失点差で順位が決まる状況になれば、
3点は取れていたであろうスペイン戦でのフィニッシュの不味さが悔や
まれる。

思えば現在の日本サッカー黄金時代の礎となった「ドーハの悲劇」では
得失点差で日本はワールドカップ出場を逃した。ラモスが北朝鮮戦で
(もっと、もっと)という意思表示をしても皆満足していての痛恨事。
そして中田自身が念頭に置いて発した「アトランタオリンピックでの
予選リーグ敗退」も、ハンガリー戦でもっと点を取れたにも関わらず
自身のゴールで燃え尽きた選手などがいた事による後悔だ。
これらの記憶を、見ているわたしの方も今一度思い出さねばならない
と思う。けれども予選リーグ突破は既に決めていて、順位を計算して
あれこれ心配をするなんて、贅沢極まり無いのだけれど。

<PR>
 
スポンサーサイト

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。