--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-11

ヒール

ロンドンオリンピック サッカー男子
三位決定戦
日本代表-韓国代表


ヒールとは、悪役のこと。
もともと使われるプロレス界では単なる敵役以上の役割と意味を持つが、
客に憎まれて興奮させるという事に変わりは無い。

韓国は肘を使ったり体ごとぶつかってきたり。後ろからのタックルも
容赦無し。日本側の観客であるわたしは必要以上に興奮していく。
試合開始直後はオシム時代のアジアカップと似た空気感を感じて一抹の不安
を感じた三位決定戦だが、(こんな相手に絶対負けるな!)という気持ちが
高まっていく。

イエローカードが序盤から出されるものの、二枚目や決定的なもの(すなわち
レッドカード)が出るまではしない。韓国は意識しながらやっているのか?
だとすれば、大したヒールだ。

しかも韓国の攻めは、大きく前に蹴っていくという単純、力まかせのもので
これがさらに印象が悪い。最近は日本の技術力に脅威をおぼえてきたとも
されテクニカルな選手も出てきたが、伝統というものは継承されているのだろう。
良く言えば、勝つための自国のサッカースタイルを確立しているのだ。

一方日本は、悪い意味でのサッカースタイルがこの試合では出てしまった。
メキシコ戦もその傾向があったが永井のスピードを生かす、タテへの速い
攻めのパスではなくパス回しへの拘泥だ。スペインという格上へ食いつく
ためにとった戦術、そしてその勢いとアドバンテージを後ろ盾に見せていた
頼もしいサッカースタイルは、やはり確立されたものでは無かった。

日本はこの大ヒール・韓国に前半に先制を許し、後半早々に追加点を奪われてしまう。
パス回しだけのサッカーへ戻ってしまった日本が逆転できる見込みは無くなって
しまった。それでも終了近くになってコーナーキックから得点、と思いきや
判定はノーゴール。ヒールというキャラクターは、こんな不可思議な出来事
まで引き起こしてしまうのか。

結局試合は韓国の勝利。連続性のドラマであるプロレスと違い、このオリンピック
は一期一会。銅メダルは韓国に。この事実は覆らない。
永井を生かすやり方の日本はメキシコ戦からそれが封じられ、この韓国戦も同じ。
他に攻め手がなく結局はいつもの”パス回し”に戻ってしまった。一部で
「日本は勝つ気が無かったんだ」などという声があるが、そんな馬鹿な事が
あるものか。勝ちたくても、逆転したくてもその方法がわからずどうしようも無く
時間だけが流れていく。そんな事が多々あるものなのだ。

<PR>
スポンサーサイト

theme : ロンドンオリンピック
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。