--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-17

日本の監督には 1

日本代表監督には、”影の薄い人”が良いのではないか。
ロンドン・オリンピックを見ながら考え始めていた事。
言い方を変えると”話題にしづらい人”となるか。
ところがメダルを逸した事で、う~んと腕組みをし直す事になった。

*******************

メダルが期待される女子サッカー(なでしこ)の存在もあって、
ロンドン・オリンピックにのぞんだU-23代表は最近では記憶に無い
ぐらい騒がれる事がないチームだった。
関塚隆監督も川崎フロンターレでそれなりの実績を残している人
なのに、どうも地味に映るのかメディアお得意の「関塚ジャパン」
などという呼称や「監督がうんぬん~」という話題もそう目にした
覚えが無い。「人間力」「バイタルエリア」などというプチ流行語
を連呼した山本昌邦、Jリーグの監督としては同列にも関わらず
オシムの弟子のような扱いを甘んじて受け入れた反町康治らと
比べても、関塚監督の目立たなさはひと際光っている(?)。

考えてみればA代表のザッケローニ監督(ザック監督)も似たような
感じで、メディアの扱いもやや大人しめ。いきなりアルゼンチンに勝利、
アジアカップも制覇したという実績で黙らせたという側面はあるものの、
次にあげる近年の監督に比べメディアは扱いづらいのではないか?

□フィリップ・トルシェ(エキセントリックな言動で常に話題をつくる)
□ジーコ(とにかく存在が大きすぎて取り上げやすい)
□イビチャ・オシム(語録、会見の内容などがメディアのインテリ魂を揺さぶる)
□岡田武史(とにかく非難轟々なので一緒に騒いでいると注目してもらえる)

など。
それに比べてザック監督は真面目、正当過ぎて「インテリ面の総ゴシップ
集団」と言って良い日本のメディアにすれば扱いづらい。それだったら本田
とか香川とかにいっとけ、といった帰結か。

                               *つづく*

<PR>
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。