--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-26

日本の監督には 2

『オシムの言葉』(木村元彦 著)は名作だ。
これを読めばオシムというものがよくわかる。わかりすぎる。

イビチャ・オシムがジェフ千葉を離れ日本代表監督に就任する事
になった際、メディアはまずこの監督がどんな人なのかを知ろう
とする。そこにうってつけの本があった。『オシムの言葉』だ。

「ライオンに追われたウサギが逃げ出す時に、肉離れをしますか?」
「休みから得るものはない」


ジェフがどんな試合をしていてどんなプロセスで強くなっていったかなど
を調べる必要は無かった。過去と同じく記者会見で比喩めいた言葉や
謎かけやがポンポン飛び出すものだから、言葉で伝える(あるいは映像に
肉付けする)メディアにとっては大変便利な監督だったに違いない。
「考えて走る」と言っておけばわかった風になるから、謎かけなど
解く必要が無い。
代表監督就任時に「これで中村俊輔が外れる」とマスコミは騒ぎたてたが、
ジェフの頃にポペスクやクルプニコビッチをとっていた事を考えれば、
オシムの仕事そのものを見ていなかったは明らかだ。

印象に残っているエピソードがある。日本代表に召集された松井大輔
は途中出場を準備しながら(とにかく動きまわらないと)と考えていた。
いよいよピッチに出る時にオシムから出た指示は「守備は鈴木啓太に
任せて、おまえはドリブルで攻めろ」。松井はこの時(この監督、
ちゃんと俺の持ち味を見てるじゃないか)と思ったそうだ。
この話から感じたのは、選手たちがメディアの影響を受け過ぎていた
のではないか、という事だ。オシムは選手の特長を見ていたが、選手は
監督の特長を誤ってつかんでいた。
これは選手が悪いのではなく、メディアの影響を受けやすい日本人の性質
のせいであるというのは、他の分野でも多く見られる事だ。あるいは日本
という国が物事を自分で考える教育やトレーニングをさせていないという
問題(成果?)によるものかもしれない。

これに比べザッケローニ監督(ザック監督)、関塚隆監督というのは実に
メディアにとっておいしくない存在、地味というのは前回書いた通り。
監督像をコンパクトに伝えるほどの本も今のところ存在していない。
これによってメディアからの余計な雑音が入らないのであれば、それこそ
が日本代表に最適な監督だと近年の成績から考えたというわけだ。

                           *つづく*

<PR>
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。