--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-04

遠藤は移籍すべき

この時期も何の動きもないから、遠藤保仁はガンバ大阪に残るのだろう。
天皇杯で優勝できなかった事から「ACLに出場できる」というエクスキューズ
は完全に消えたが、遠藤は動かなかった。
ガンバ大阪のファンには悪いがわたしは”遠藤は移籍すべき”という論をはる。

これは決して「日本代表のため」とか「国内で最も優秀なMFがJ2でプレーする
なんて」という建前論では無い。以前であれば日本代表を多少念頭に置いた
だろうが、今はそれはあまり気にしていない。

遠藤移籍を唱えるのはひとつはJリーグの活性化だ。試合が無いこの時期の
話題といえば移籍だが、まったく盛り上がっていない。シーズンオフとは
いえあまりにもJリーグの話題は少ないのではないか。また改めて書きたいと
考えているが、最早JSL(Jリーグ開幕前の日本サッカーリーグ)と国内リーグ
の空気感は非常に似ている。

そして一番の理由は、遠藤保仁という優秀なサッカー選手に(本当にこれで良いの?)
という思いだ。J2とはいえ長年プレーしたガンバに居る事の方が安定しているし、
海外移籍なども年齢的に遅すぎるかもしれない。もはや日本代表という十分すぎる
肩書を手にした遠藤にチャレンジは必要なく、無用なリスクと言えるだろう。
しかし素晴らしい選手であるからこそ、”チャレンジ”し続ける姿が見たかった。

それと付記したいのが、”ミスター○○”という生涯一チーム、あるいは引退の時
には元いたチームというのを望む風潮が強い事への懸念。これが何の影響かはいく
つか想像できるが、サラリーマン社会でさえひとつの企業に生涯養ってもらうという
のが遠い過去の話となった今、そんなユルい目で見られるJリーグに魅力が無くなって
いくのは当然と言えば当然だろう。

<PR>
楽しむことは楽じゃない ---プロサッカー選手に見る、生き残り術

スポーツの世界は学歴社会 (PHP新書)
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。