--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-28

雇用にやさしい組織

”硬かった””シュートを打たなかった”。
ヨルダン代表とのアウェーゲームに負けた日本代表。
こうした理由が言われるが、よくある事でこの日が特別だった訳でも無い。

”本田、長友の不在”もよく聞かれたが(不思議な事に試合の前の方が
よく聞かれた。メディアの煽りとしては良い文句だったのだろう)、
メッシかクリスチャーノ・ロナウドかというほどスーパーな存在では
無いし、第一特定の選手が抜けたらボロボロなどというチームでは
大手を振ってワールドカップにはいけないはずだ。

ただこの日は遠藤がいた。PK失敗を責める気は全く無いが、日本代表
の試合で”特別”だった彼がいよいよそうした存在では無くなったと
言えるのではないか。
もっとも遠藤をバッシングしたい訳ではない。ザッケローニは彼の
力をブラジルで本当と必要としているのならば一定期間休ませるべきで、
今酷使をするべきでは無い。「ガンバ大阪が配慮すべきだ」という声を聞くが、
馬鹿を言ってはいけない。遠藤の所属チームはあくまでもガンバなのだ。

これは今に始まったことでは無くずっと懸念していた事で(実際に数回このブログ
でも触れたはずだ)、その点を見てわたしのザックへの疑念は強くなっていった。
中村憲剛という素晴らしい素材もあるのだが、何故かザッケローニは”親善試合
要員”にしか使わない。
この日の選手交代などの采配を批判する声もあるようだが、その不透明さは今に
始まった事では無い。しかしながらこの予選突破は”ほぼ決まっている”状態
との事。これはすなわちザックがブラジル本大会まで日本代表監督を続けている
という事が確約されたに等しい。
「アジア予選突破は決めました。しかしこれでは本大会がおぼつかない。
コンフェデレーションズカップの内容を見て、契約は相談したい」
などはないだろう。もっとドラスティックにやるならば
「(アジア予選突破はほぼ決まっているので)残りの試合は暫定監督でやります。
既に次の候補も絞っています」
とザックに今見切りをつけても良いと個人的には思っている。だが日本サッカー協会
は決してそんな事はしないだろう。何しろ日本でトップクラスの、雇用にやさしい
組織なのだから。

<PR>
サッカー批評(61) (双葉社スーパームック)

ビジネスで大事なことはマンチェスター・ユナイテッドが教えてくれる ~勝つための経営戦略のつくり方
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。