--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-16

ザッケローニのメッセージ

コンフェデレーションズカップ グループA
ブラジル代表-日本代表


前田遼一が投入準備。清武だろうな、はその通り。この試合をこの時間まで
見ていなくても、これまでのザッケローニを見ていればほとんどの人が答えを
間違えないだろう。遠藤に変え、細貝。2点負けているのに、だ。けれども
ザック采配では見慣れ過ぎた光景。さらに終了間際に乾を投入。0-2で逃げ切り
でもしたいのか? これまで何も積み重ねていないのだから、控えの乾に期待
していたとは思えない。

これら一連の行動に、多くのテレビ解説者は首を捻っている様子がうかがえる
のだが、それが言葉となってこない。彼らはメディアの飼い犬としてのポジション
を守りたいのだろう。
守りたいといえば、ザッケローニだ。この監督の交代を見ていると、(あからさまに
無様な結果で解任などされたくない)という意思がすけて見える。あのトルシェだって
フランスに大敗した後は内容の無い守備固めでスペインと戦い、首をつないでワールド
カップまでの地位を守ったのだ。ザッケローニのようなより安全を求める監督が、それ
をしないはずがない。

選手交代はメッセージだ。これが不明瞭だと、ジーコの時のオーストラリア戦の
ような戸惑いになってしまう(そういえば当事者の小野伸二がテレビのゲスト解説
に出ていた。同年代の遠藤がピッチに立つ姿を、彼はどんな思いで見ていたのだろうか)。

いずれにしてもザッケローニの中では(リスクのあるチャレンジはしない)という
事がこの日本代表監督のあいだは、強固なポリシーとなっているようだ。ブラジル
ワールドカップが終われば日本にはペンペン草も残っていない。そんな光景が、今でも
想像できる。

さて監督ばかりを批判できない。
このブラジル戦を(自分達の現在地を知ることができる)と言っている選手たちが
いたという。直接のコメントを聞いていないので誰かは書かないが、Jリーグなら
いざ知らず世界のトップレベル、ヨーロッパでプレーする選手が本気でそう捉えて
いたとしたら悲しい。10年前の日本とは、もう違うのだ。
そして勝てなかったオーストラリア戦の後に「自分達は本気でワールドカップの
優勝を狙ってるんで」とコメントしていた本田圭祐、長友佑都たちは今何を思って
いるのだろうか。二人とも素晴らしい選手なのは間違いないが、放漫さは自分達の
心の強さだけで制御できるものではないだろう。


<PR>
日本はバルサを超えられるか ---真のサッカー大国に向けて「育成」が果たすべき役割とは

GK(ゴールキーパー)の優劣はボールに触れない「89分間」で決まる
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。