--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-23

これは”国民性”という課題か?

コンフェデレーションズカップ グループA
日本代表-メキシコ代表


近頃は日本も強いのであまり聞かなくなったが、
”シュートをうたない”
”パスばかり回している”
事が日本サッカーの課題とされ、それは国民性、農耕民族うんぬん
という議論がされた。
日本サッカー暗黒時代などには(サッカーという競技そのものが、
日本人には向かないのではないか)と真剣に囁かれていたものである。

このように国民性とサッカーの内容は密接な関係があるとされるが、
コンフェデ杯のメキシコ戦を見ながら、新たな国民性を疑い始めた。
それは
”目標を失うと、途端につまらないチームになる”
というもの。
日本代表は強くなったとはいえ世界的に見れば強豪国ではない。
ブラジル、イタリアという超一流国がいるグループを抜けられなくても
悲観する事は無く、むしろ格的には近いメキシコ相手に勝てるかどうかが
現実的な指標だったと言っても良い。
ところが一流国に連敗、グループリーグ敗退決定後となるとチャレンジ
精神が感じられない、虚ろなチームとなっていた。

国民性と感じたのは、これまでも似たような光景を目にしてきたからだ。
初出場をしたフランスワールドカップでもグループリーグ敗退が決まった
後のジャマイカ戦は今一つ消化不良だった。またオシム時代のアジアカップ、
準決勝で敗退して三位決定戦に回った時も、実力的には韓国に勝っていた
はずなのに内容も悪く負けてしまった。最近ではロンドンオリンピックの
光景が目に浮かぶ。決勝を意識しすぎていたのかわからないが、快挙である
はずの銅メダル獲得の三位決定戦に回った後は今一つ精彩を欠いていた。

このように日本は目標が途切れると途端にモチベーションの低いチーム
になるのではないか? そしてそれは国民性に起因するのではないか、
というのがわたしの感想だ。
アイルランド代表ほどの熱は求めないが、それでも高い気持ちで試合には
臨んで欲しい。ましてや現実的に、目の前の試合で結果を出すことこそが
今の日本代表の成果なのだ。ワールドカップ優勝、という目標設定を批判
も笑いもしないけれど、それがスローガンのように聞こえるのは、気の
せいか? 日本のサッカー選手はいつから政治家のような気質になって
しまったのだろうか。

ところで、もうひとつ国民性として気になる事がある。それはこの結果、
この内容を見せられてもザッケローニの是非、日本代表の方向性が
まるで真剣に議論されない点だ。このままではまた何となく本大会
が始まって、結果しだいで右往左往、が続けられてしまうだろう。

<PR>


テクニックはあるが「サッカー」が下手な日本人 ---日本はどうして世界で勝てないのか?
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。