--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-20

ブラジルワールドカップ予選リーグ1

■グループA
開催国、そして大本命ブラジルがいるグループ。
開幕戦ではクロアチアが良いプレーを見せる。ブラジルとできれば2位でクロアチア、と思うがメキシコも良い。ブラジル戦は善戦では無く、実力と思う。クロアチアは伝統の技術なのか、軸足に一瞬あててのドリブルを見せた(私の好きなプレー)。
ブラジルは大本命から少し格落ちの感もあるが、序盤で苦しんでおいた方が優勝に近づくというW杯の歴史もある。

■グループB
スペインがオランダに粉砕された。南アフリカ大会初戦でもスペインは敗れているが、全く違う。点差では無い。戦略にはめられなくても、まともに打ち破られたのだ。そしてチリにも敗れた。南米らしい上手さが、チリに光る。スペインの時代は終わった。あまりにも新陳代謝されていなかった。またヨーロッパの中堅よりも少し強豪、といった位置に就くのか? 未来はわからない。

■グループC
日本戦では戦前が少し過大評価だった感もしたコートジボワールだが、コロンビア戦では全く違う姿を見せた。日本戦は初戦だから慎重だったのか、戦略重視か。コロンビアも主力不在という事で、凄いというより上手いゲーム運び。このグループはこの2チーム優勢か。ギリシャが日本の素早さに翻弄されるのか守りきって沈めるのか、相変わらずよくわからないヨーロッパの中堅国。結果次第で、コロンビアも日本戦への入り方を少し変えるのではないか。

■グループD
ウルグアイがコスタリカに敗れるという衝撃。これからすぐ重要な試合が行われるが、もともとイングランドは3位候補だったので勝っても完全な自力突破は望み薄か。

■グループE
フランス-ホンジュラスを少し見たぐらいなので、現段階で特に印象に無し。

■グループF
楽しみにしていたアルゼンチン-ボスニア・ヘルツェゴビナの試合の後半途中からを見られないという大失態。やはり対ブラジルの最有力候補はアルゼンチンか。しかし考えてみれば、アルゼンチンはもう20年以上栄冠は手にしていない。
ボスニアはこの試合の善戦、というだけで終わって欲しくない。組み合わせを見れば有利だが、他グループのようによもやもあるだけに油断ができない。

■グループG
ドイツがポルトガルに大勝。ヨーロッパ勢でブラジルの対抗馬となり得るのはやはりこの国か。不安は、ここが南米大陸であるという事。

■グループH
ベルギーが気になるが、「韓国が良い」と言われ韓国-ロシア戦を見る。韓国の鋭さ、力強さは光る。実力ではロシアが上回るが、ラッキーな面があり引き分けたので決勝トーナメントの可能性がある。ベルギーを巡り残り二試合の三角関係になったので、観る焦点が絞れた。

<PR>

世界のファンタジスタ 神業SUPER GOAL COLLECTION DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)

フットボールチャンネル02 スペインは負けない。 王者が見せる強い美しいフットボールの神髄
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。