--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-25

何も変わらないだろう

2014 ブラジルワールドカップ グループリーグC
コロンビア代表-日本代表


いつものように盛り上げ役に徹していた松木安太郎が、試合終了間際から電波芸者を止め真摯な素顔を見せた事がこの大敗の衝撃を物語っていた。セルジオ越後は明確にそれが選手、監督のせいではなく日本サッカー協会、メディア、そしてファンの罪だと口にした。

わたしはこの試合だけは予想をしていなかった。仮にコロンビアが2勝した場合、どういった姿勢で臨んでくるかつかめなかったからだ。2位抜けになった場合、相手が開催国で大本命のブラジルともなれば順位を考慮するだろうが、それ以外であればどの道あたる相手だけに深謀遠慮をする必要もないだろう。ただレギュラーの休息、控え選手の試合慣れなどの可能性もある。
果たしてコロンビアは先発を大きく変えてきた。残念に思ったのはコロンビアの素晴らしいプレーをこの試合で見る事ができないであろう事だった。しかし後半にハメス ロドリゲスなどレギュラー格が登場すると様相は一変する。残念ながら終盤近くには日本代表がボールを持つと、退屈のサインのように感じ始めていた。このワールドカップの試合をすべて見てはいないが、日本が関わった試合は3試合ともワーストの部類に入るのではないかと思う。

試合が終わるや否や、いろんな声とともに「時期監督はアギーレか?」「ぺケルマンも興味」と始まった。少なくともメディアは何も変わらない。そしてそれにそそのかされるファンも変わらないだろう。日本サッカー協会だってきっと同じ。結局、何も変わらずまた四年間が過ぎるのだ。

<PR>

夢想するサッカー狂の書斎 ぼくの採点表から

セルジオ越後 辛口の真実
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。