FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-04-16

青い巨塔

まったく、日本サッカー協会も偉くなったものだ。

メディアに出る「元選手」たちは、日本代表のハリルホジッチ監督解任に概ね「YES」のコメントだ。
納得できる部分もある。
在任中から、ハリルホジッチへの批判的な意見は多かったのだから。

しかしこの時期の解任だ。
そんなにも全員の意見が揃うというのも、おかしなことではないか。
セルジオ越後以外のコメントは、「忖度」「媚」という言葉を思い浮かべる。
そしてこれこそが、日本的というものだろう。
もっともこれ以前に、「モノ言う元選手」はサッカー協会にも入っていないし、メディアにも出演はないのだが。

わたし自身もハリルホジッチは、「解任した方が良いのでは」と思う監督だった。
しかし同時に、「もう遅いけど」という言葉がよぎっていた。
このタイミングの違和感の正体は、報道からしばらくして予想がついた。
既に多くの指摘、コメントがあふれているのは今更書かないが、純粋な勝ち負けだけの理由とは思わない。

東京に住んでいながら日本サッカー協会のビルには行ったことがなかった。
しかし偶然、少し前に頻繫に見る時期があった。
もう今では特別な感慨は薄れてしまったが、「ここがあのサッカー協会か」という憧れは多少は残っていた。
しかし今ではそれは、日本の古くさい薄汚れた魂に覆われた、外見だけをきれいに飾った建物にしか見えない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。