--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-10

ヤジロベエの上にのる椅子、あるいはマリオネット

「ヤジロベエの上にのる椅子」。
サッカー史にその名を記すドイツの名将、バイスバイラーはサッカー監督
をこう語ったという。

「我々はマリオネットなのだ」
神様ペレが尊敬するジノ・サニは監督を、あるいはサッカーに携わる人間
をこう喩えたという。

前者は『サッカー監督という仕事』という本の冒頭にて引用される。
近頃仕事で思い悩むことが多く、手にした本。
仕事そのものはサッカー関係ではないが、すべてのマネジメントに通じる
ものがあるだろうということで読み始めた。そこは意図通りなのだが、
読み進めるうちに(これ、前も買って読んだな・・・)と。近頃こんな
失敗(?)をよくする。

後者は私が読んだサッカー関連の中でも秀逸な作品
マリオネット―プロサッカー・アウトロー物語
に出てくる言葉。
この本は読売クラブへのエレジー、Jリーグ前後の日本、サッカービジネス
の裏側など様々な見方ができるが、自身の生き方の指針にもできるだろう。
これまでこの”マリオネット”という言葉に自分の現在を投影させてきたが、
”ヤジロベエの上にのる椅子”という言葉も加わった。今、少しだけ気分が
楽だ。

ところで、日本代表監督というヤジロベエの上にのる椅子に座った新監督。
テレビで見ても、ネットの記事を見ても嫌悪感が出る。
本当に嫌いな監督っているもんなんだな。
スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。