--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-30

別にバツが悪くて書かなかったわけではない。
クラブ世界選手権で浦和とミランが対戦することになり前回
”日本のファンは”リアルな現実”に打ちのめされるだろう”
と書いたことについてだ。

オジェクは雇われ監督、しかも外国人であるからそれを善戦
と評価した。ピッチに立っていた長谷部はその差に唖然とした。
見るものの評価は、そのどちらかに振れるだろう。
私は選手である長谷部に近い。
こんなものだと思いながら、将来を考えると愕然とした。

初出場だから、というのは日本人が好むフレーズだ。
時間は進化への道となり、退化するとは思わない。
同じく初出場のワールドカップフランス大会。日本はアルゼンチン
に善戦したが1-0で敗れた。だがあれはやり方によっては引き分け
られたし、10回戦えばもしかしたら1回は勝てたかもしれない。

しかし浦和とミランの勝敗は、20度戦っても替わりはしないだろう。
ただミランが1-0で勝つか、大量点で勝つかの違いである。
本番のボカ戦が控えているのに、とばし過ぎることなんかしない。
ミランは適度に調整を行うとともに、ホスト国の面子を保たせて
やるという手際の良さを見せた。
この1-0の間には、高い高い壁がある。
スポンサーサイト

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。