--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-14

特性を試合に生かすには

「国立は立ち見でもでるかというぐらいの満員」
という実況を聞き、会場に行かずに良かったと思う。
「当日券を買えず、テレビ中継を見るために急いで帰る人たち」
自分もそうなっていたかも、と思いホッとする。
選手権人気は健在、いや関東圏の千葉代表と王国・静岡代表の
対戦だけにそれも当然か。

以前書いたように静岡には怨念(私怨?)があるために、応援する
のは流通経済大柏。藤枝東のスタンドに中山の姿があろうが、そこ
は揺るがない。

流経の流れるような攻撃から早々に先制点。
”3-1ぐらいで勝ってくれ!”とこの時思う。
結果は完封勝利、しかも4点を叩き込んだ。
出来過ぎ、というのは正直な感想だろう。
藤枝が調子が悪かった、という訳ではなかろう。
それを出せないぐらい圧倒していたのだ。

実況では藤枝への枕詞として”パスサッカー”を強調していた。
確かに丁寧にボールを繋いでいた。
けれども印象も、結果もすべて流経が上。
こぼれるボールを、高い位置で拾う動きには感嘆した。
動きで圧倒していた訳だ。

流経は選手の質によりスタイルを変えるというから、これが彼らの
形ではないのかもしれないが、昔から言われる”日本のサッカー”
技術力があり、パスを繋ぐサッカーに欠けているものはこれだった
のだと思う。
動きがなければ、試合では活きないのだ。
そんな事、とっくの昔にジェフが見せてくれていたのだけど。
今はただ、これが忘れられず日本の高いレベルでも見られる事を
祈るばかりである。
スポンサーサイト

theme : 全国高校サッカー選手権大会
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

流経の出足の良さに戸惑っていた藤枝東でしたね。
なんとサブタンから史上最強のお墨付きまでいただいて

No title

>サブタンから史上最強

この人の言葉ほど真実味がないものはないですね。
また忘れた頃に、同じセリフ吐くのでしょう。
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。