--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-27

キリンチャレンジ、一戦目は粛清の場だったのか

「この寒いのに、やっぱり見に行かなくて良かったよ」などとひとしきり
日本-チリ戦の感想を友人と語り合った後、「ところで千葉勢起用は
粛清のためかい?」などと聞かれた。

こういうことだ。
監督が変わっても、そこそこいい結果を残しているチームや主力が固まって
いる代表はメンバーをガラリと変えると世論が反発する。そこで初っ端
は以前からいる主力を使い、(ほら、ダメでしょ)といった試合をおこなう。
日本代表では加茂さんが監督を受けたとき、ラモスたちを使い続け結果
を出せず段々と居場所を無くさせていったことが生々しい。

けれども今回はケースが異なる。
皮肉っぽい友人は”千葉勢”などと言ったが昨晩のメンバーはほぼそっくり
以前の代表だ(それでも内田を入れたのはささやかな主張を感じるが)。
これが半年だ、3ヶ月だとあるのなら”公開粛清の着手”とも考えられるが、
本番までに1ヶ月もない今は無理だ。チームのベースは引き継ぎつつ、
本番の中でソフトランディングとなるだろう。

山瀬あたりはそこでチャンスを掴む可能性が高いが、海の向こうに中村
が控えるだけに断言はできない。激戦区のボランチには鈴木に代わり
今野。この可能性は高い。アテネの時鈴木の落選に怒った私としては、
望む展開ではないけれど。
今ひとつ元気がなかった高原と、脅威となった大久保は? 絶対的と
思われていた選手が活躍できず、ポッと出の選手が急に脚光を浴びる。
FWというポジションは理不尽なサッカーの中でも最も理不尽なことが起
こる。もっともそれは、ゴールという結果によってだから理由が明快とも
言えるのだけれど。
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

手数をかけるより単純に大久保を使った方が
ゴールのチャンスが増える
つーのはなんとも皮肉な結果でした。
個の力では敵わないから組織で攻めよう
つー基本理念がゆるぎかねません  ワラ

No title

オリンピック代表並みの若手チーム
にスコアレスドロー(しかもおされ気味)、
こんなチームが世界3位以上が目標だ!
って言われてもね・・・。
”千葉勢”と行っても実は既に巻一人
だったのですが。
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。