--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-24

東アジア選手権の成果は?

内容を取るか結果を取るか?
岡田監督は「どちらを取るか? どちらも求めることはできると思う」
と言ったが、私もそれには同意見だ。
ただ”どちらも取れない”というのを皆忘れてしまう。
では東アジア選手権は果たしてどうだったかと言うと、(どちらも取れなかった)
ではないかと思っている。

例え2位とはいえ優勝できなかったというのは、この規模の大会ではやはり結果
を出せたとは言えないだろう。
内容と言うとどの視点から見るかによって分かれると思うが、日本チームが印象
に残るサッカーをしたかと言うと残念ながらノーだ。
一戦目の相手、北朝鮮。
チョン・テセの得点ぐらいしか印象に残っていないが、大会を通じての日本も
山瀬の得点ぐらいしか印象に残らないチームだったと言えまいか?
ディフェンス面では中澤の安定感は強みだが、そんなことはとっくにわかっている
し逆に中澤がいない場合を想定すると寒気さえ覚える。
新戦力の発掘、育成という面でも残念ながらこれといった成果は見られなかった。
田代や安田はそれなりの成果かもしれないが、Jリーグでの活躍を見ればこれぐらいは
想定の範囲だろう。

時間がない、と言うわりにはこの大会で何がしたかったのか結局わからなかった。
そう言えば98年の代表でもマリノスでも、岡田監督はこうした大会できちんと
チーム力を上げていったとは言いがたい。
メディアや代理店様には申し訳ないが、やはり私はこの程度のチームがW杯の
イスを取ってほしくはないと思う。
スポンサーサイト

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。