--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-15

赤き力は予想さえひっくり返す

(ACLがあったとはいえ、やはり鹿島が有利だろう。立て直したとはいえ、
今の浦和では難しい)

戦前はそんな予想を立てていた。
画面にスタジアムの様子が映し出され、考えは一変する。
(鹿島が負けるかもしれない)

浦和サポーターでつくられた赤きスタジアムに圧倒されたのだ。
浦和とは、ここまで凄い王国なのか。
例えやっているサッカーがスペクタクルでなくても、たとえフロント
がヘボくても、この一団に支えられたチームがホームでの天王山
を落とすことがあるだろうか?

予感は的中した。
大事な試合でゴールを決めるのは、やはりこの男だ。
永井雄一郎はルックスはもとより、その独自のボールタッチや
得点感覚にもっと注目が集まって良い選手だ。
惜しむらくはコンスタントに力を発揮できない(させてもらえない)
ところか。
2点目はセンス抜群のボールタッチで相手をかわし、軽く流しこんだ。
これぞ永井。ワールドユースのウルグアイ戦で決めたゴールを思いだ
させる美しいプレーだ。

永井の絶賛ばかりになった。
ゲーム開始時、闘莉王が前より、終盤では後ろに下げる。
後半、機能していなかった高原を躊躇なく交代。
そうか、ベンチにはエンゲルス。
オジェク解任にばかり目がいっていたが、この策士が指揮をとって
いるのだ。

これで浦和は復活。
今季も首位戦線に戻ってきた。
一方の鹿島は、スキのないチームで今後も中位以下に取りこぼす
ことはないだろう。
次節のホーム、やはり首位戦線に名乗りをあげたいガンバ大阪との
一戦が、再び大きな山場となる。
スポンサーサイト

theme : Jリーグ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
サッカーの思い出を書くブログ
思い出のサッカー

Shockwave gameblast
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。